空き賃貸物件を人気物件へ変える「大家」 青木純 氏 特別講演会


デザイン工学部建築・環境デザイン学科では、空室率30%だったマンションの大家業を継ぎ、自由なアイデアと仕掛けで人気賃貸マンションへと再生し、「大家の学校」校長でもある青木純 氏の特別講演会を開催します。

人口減少や少子化に伴い、空き家が増え、借りたい人より貸したい人が多くなるこれからの日本において、物件を魅力的にしなければ、空き家のオーナーになることになります。そんな未来に挑むべく、青木氏は、祖父から引き継いだマンションを、住人が、大家負担で壁紙やキッチンなどを自由に選び、設置・リノベーションができる賃貸物件として運営し、さらに、その住民たちが交流できる場の提供・イベント企画まで手がけ、ライフスタイルのプロデュースまで担う次世代の「大家」として活動しています。いままでの日本の賃貸にはないサービスを展開し、ただの賃貸マンションを、“行列のできる賃貸マンション”へとつくり変えました。

青木氏自ら「大家」を務め、自身も住まう「青豆ハウス」(東京都練馬区)は、「育つ賃貸住宅」をコンセプトに、住民同士、また地域とも深いコミュニティを構築すべく、さまざまなイベントを行う共同住宅として評価され、グッドデザイン賞2014を受賞しています。また、賃貸リフォームの提案などに対し、経産省「平成26年度先進的なリフォーム事業者表彰」も受賞しています。

新しい提案で賃貸物件業界をリードしていく青木氏が、建築・環境デザイン学科生の卒業研究展示の講評とともに、上記の経験のもと、地域に浸透していく賃貸物件を通したコミュニティづくりについてお話いただきます。

一般の方もご参加いただけますので、是非ご来場ください。

<イベント情報>
日時:2月7日 (水) 15:00~17:00
会場:デザイン工学実習棟A 2階 ギャラリー
受講料無料

<青木純 氏 プロフィール>
株式会社まめくらし 代表取締役。株式会社都電家守舎 代表取締役。株式会社北九州家守舎 取締役。株式会社リノベリング 取締役。 株式会社タンガテーブル 取締役。株式会社ルーヴィス 取締役。


1975年東京都豊島区生まれ。
住み手と共に編集するカスタマイズ・DIY型賃貸のパイオニアとして日本の賃貸文化を変革し、TEDxTokyo2014スピーカーに選ばれる(http://archive.tedxtokyo.com/talk/jun-aoki/)。中古不動産の仲介実務や不動産ポータルサイトの運営を経て、2011年1月に祖父の代からの マンション大家業を継ぐ。自身も住まう「青豆ハウス」はグッドデザイン賞2014を受賞。雑誌に「行列のできる賃貸マンションを生んだ人物」と紹介され話題に。賃貸業界を代表するひとりとして注目されている。

カテゴリー