紅花ルネサンスvol.10 山形⇔木・火・土・金・水∞身体

美術科テキスタイルコースでは、【紅花ルネサンスvol.10山形⇔木・火・土・金・水∞身体】を1月13日(土)に開催します。

シンポジウムでは、ゲストの先生方と、漢方薬としての「紅花(コウカ)」、染料としての紅花がどのように私たちの身体と関わっているのかを考えていきます。

ワークショップでは、学生が中心となり、紅花染めを行います。毎年恒例の10メートルのシルクオーガンジーを紅・桃・黄の三色に染めていきます。寒い中行なうことで,美しい透明感のある貴重な色に染めることができます。染料は、学生が種から育てた混ざりけの無い本物の紅色です。ワークショップの際には、温かい甘酒も振る舞います。どちらも参加無料・一般の方も参加できますので、是非足をお運びください。
※事前申し込み不要、参加無料です。
※シンポジウム開催場所がこども芸術劇場から本館ラウンジに変更となりましたので、ご注意ください。

【紅花ルネサンスvol.10】
日時:2018年1月13日(土)
シンポジウム:9:00〜12:00
ワークショップ:同日 13:00〜16:00

場所
シンポジウム:本館1階ラウンジ(正面を入って左手、図書館側のスペース)
ワークショップ:本館前正面広場
*学生食堂が14:00まで営業しておりますので、ご昼食にご利用いただけます。

【ゲスト】
根本幸夫 漢方医・薬学博士・横浜薬科大学教授
眞田岳彦 衣服造形家・女子美術大学教授・東北芸術工科大学客員教授

【出演者】
吉岡幸雄 染織研究家・染司よしおか五代目
山岸幸一 染織家・日本工芸会正会員
中島洋一 古典織物研究家
大内理加 山形県議会議員・山形県紅花生産組合連合会会長
根岸吉太郎 東北芸術工科大学学長・映画監督

参加:無料

企画:東北芸術工科大学芸術学部美術科テキスタイルコース
   辻けい/山崎和樹/柳田哲雄

問い合わせ先
美術科テキスタイルコース準備室(担当:上野)
〒990-9530山形県山形市上桜田三丁目4番5号
TEL:023-627-2112
E-mail:benibana.project@aga.tuad.ac.jp

カテゴリー