グラフィックデザイン学科1年生企画 あそびのえんにち

グラフィックデザイン学科では同学科1年生(62名)を対象に、身体活動や五感を通じて、デザイン、コミュニケーションの在り方を学ぶ授業「コミュニケーションデザイン応用1」を実施しています。その一環として、こどもの遊びを学生がデザインし、こどもたちと一緒になって遊ぶ企画『あそびのえんにち』を11月14日、15日に開催します。両日、学生たちは5組(1組6〜7人)に分かれ、試行錯誤を重ねて制作した遊具の数々を並べて発表し、こども芸術大学認定こども園の子どもたち(3~5歳児)が、その遊具を使って遊びます。

学生たちはこどもたちと触れ合い、素直で屈託の無い反応と直に接することで、遊びのデザインだけでなく、コミュニケーションの難しさや面白さも学び取っていきます

◎「あそびのえんにち」概要
日時:2017年11月14日(火)・11月15日(水)いずれも14:10~15:15
対象:両日、認定こども園こども芸術大学園児及び保護者25組が参加予定
会場:本学敷地内 こども芸術大学認定こども園内こども劇場
主な遊びの内容:
        ・美容師になりきり、ぬいぐるみの毛をカットする遊び
        ・パンケーキを作るゲーム
        ・光るキノコを作るワークショップ
        ・様々なお題をクリアしつつ、缶ぽっくりでゴールをめざすゲーム

※内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。
※こども芸術大学以外のお子様の参加は申し訳ございませんがご遠慮ください。

カテゴリー