「―アジアの神々―金子富之展」10/15(日)〜1/28(日) ギャラリー桜林

大学院博士課程修了生の金子富之さんの個展「 ―アジアの神々―金子富之展」が、10月15日(日)よりギャラリー桜林にて開催されます。山形にて制作を行なう金子さんは、昨年国立新美術館で開催された「DOMANI・明日展」にて《レッドバナスパティラージャ》(2012年)がメインビジュアルに選ばれ、10月15日までシンガポールのアートサイエンスミュージアムで開催されているBVLGARI主催の<SERPENTI form> (11月~森アーツセンターギャラリー/東京に巡回)では《世界蛇》(2012年)が出品されるなどその強烈なインパクトはますます注目を集めています。

本展では、インドのヒンドゥー教における三大神であり、破壊、再生、生殖を司る神シヴァを源流とし、その後、仏教に取り入れられ日本に伝わったとされる「摩醯首羅王(まけいしゅらおう)」やインドネシアの虎神「バロン・マチャン」、そして日本神話では常陸国出雲大社のご祭神である大国主神の先祖とされている水を司る龍神「闇罔象神(くらみつは)」、「高龗(たかおかみ)」などが展示されます。アジアから日本へ流れる、目に見えない強大な力の神々や精霊などの絵画による実体化に挑戦した作品が集まる本展に、ぜひ足をお運びください。

<ミヅマアートギャラリー共同企画展>
―アジアの神々― 金子富之展 
Asian Deities |KANEKO Tomiyuki
会期:2017年10月15日(日)〜2018年1月28日(日)
休廊日:水曜日、2017年12月25日(月)~ 2018年1月6日(土)
会場:ギャラリー桜林
住所:〒309-1634茨城県笠間市福原2081番常陸国出雲大社境内桜林館1F
入場:無料
問い合わせ:Tel/Fax:0296-71-6700、e-mail:ohrin@izumotaisha.or.jp 担当:石橋
www.izumotaisha.or.jp
www.facebook.com/galleryohrin/
www.twitter.com/GalleryOhrin/

関連イベント
【オープニングレセプション】
日時:10月15日(日)13:30〜16:00

カテゴリー