最高賞ほか多数「日本版画協会 第85回版画展」10/7(土)~22(日)東京都美術館

1931年(昭和6年)発足以来85年続く日本の版画の歴史を築く版画公募展「日本版画協会 第85回版画展」にて、修了生の真栄城理子さんが版画協会賞(最高賞)を受賞しました。その他にも、美術科版画コースの櫻井萌香さんが山口源新人賞(次席賞、沼津市提供)を受賞するなど、多数の在学生・修了生も受賞・入選し、快挙を成し遂げました。本展は、日本の主だった版画作家約440名が所属し、会員の作品発表に加え、新人作家の発掘、育成を目的に公募展部門では新進作家の登竜門となっています。10月22日(日)まで東京都美術館にて受賞展が開催されますので、ぜひ足をお運びください。

■第85回記念 版画展(一般社団法人日本版画協会主催)

<版画協会賞(最高賞)、準会員推挙>
真栄城理子(2015年度院修了)

<山口源新人賞(次席賞、沼津市提供)、準会員推挙>
櫻井萌香(3年生)

<A部門奨励賞、準会員推挙>
和田豊樹(院2)

A部門入選
松江仁美(院2)賞候補

B部門入選
山口あかり(3年生)
柴崎美佳子(2年生)

現在 本学卒業生 会員2名/準会員5名/理事 若月

日本版画協会 第85回版画展
会期:2017年10月7日(土)~22日(日)
時間:9:30〜17:30 ※入場17:00まで/最終日は入場午後1時まで午後2時閉場
会場:東京都美術館 Tokyo Metropolitan Art Museum

主催:一般社団法人日本版画協会
後援:東京都、NHK厚生文化事業団
協賛:沼津市      

カテゴリー