ワークショップ「つまむ やまがた人」10/7(土)やまがた藝術学舎


コミュニティデザイン学科のやまがた藝術学舎スタジオメンバーがやまがた市民の方々と一緒に、ワークショップ「つまむ やまがた人」を開催します。昨年までは本学が主催となって行っていましたが、今年からはつまむ会議に参加した市民の方々が中心となって運営されます。本イベントでは、主催者のやまがた市民の方(つまむ人)が、紹介したいやまがた人をゲスト(つままれた人)に招き、ワークショップを行います。当日は、つままれた人の話はもちろん、つまむ人がどうしてこの企画をしようと思ったのか、そんな話も聞くことができます。

第1回となる10月7日(土)のテーマは、「月山の自然に魅せられた男に学ぶ人生」。ゲストは、月山で自然体験活動を行う「NPO法人エコプロ」で副理事長をされている真鍋雅彦さん。真鍋さんの話から楽しい暮らしのヒントを探ります。進路を考えている方、山ガイドの仕事を知りたい方など、興味のある方はぜひご参加ください。

つまむ やまがた人「第1回 月山の自然に魅せられた男に学ぶ人生」
日時:2017年10月7日(土)14:00〜16:00(開場:13:30〜)
会場:やまがた藝術学舎(旧県知事公舎・公館)
住所:〒990-2431 山形市松見町17-1
定員:15名
駐車場:22台(無料)
参加費:無料
申し込み:不要

◎主催者とゲストの紹介
つまむ人(主催者):大石智巳さん(会社員)
2児の父。芸工大のコミュニティデザイン学科に出会い、街づくりに取り組む活動に感動し共感する。持ち前のポジティブな性格から芸工大主催の市民プログラムに参加するようになる。今回のイベントの企画者。

つままれた人(ゲスト):真鍋雅彦さん(NPO法人エコプロ)
3児の父。趣味の山歩きで月山に登った際に雄大な自然に魅せられ、ついには40代でそれまで勤めていた会社を退職し山岳ガイドに。現在はエコプロ副理事長として、月山を訪れる人々に自然の素晴らしさを伝え続けている。
 NPOエコプロ法人HP:http://www.ne.jp/asahi/gassan/ecopro/

◎お問い合せ
東北芸術工科大学内studio-L
担当:地域連携推進室 藤原
住所:〒990-2421 山形市上桜田3-3-23
電話:023-665-5862
FAX:023-665-5863
メール:yamagata.gakusha@aga.tuad.ac.jp

主催:やまがた藝術学舎市民活動メンバー
共催:東北芸術工科大学
サポート:やまがた藝術学舎スタジオ(コミュニティデザイン学科)
やまがた藝術学舎Facebook:https://www.facebook.com/yamagata.gakusha/
平成28年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」

※やまがた藝術学舎
2011年に旧県知事公舎・公館を改修し、山形市民が文化と芸術に親しむ社会教育の場として誕生しました。こども芸術大学の卒業展示や山形ビエンナーレのメイン会場の一つとしても使われています。

※コミュニティデザイン学科
東北芸術工科大学でまちづくりを学んでいます。やまがた藝術学舎を「あたらしい公民館」として市民が学び合い、地域課題を解決できる、社会教育の場にしていきたいと考えています。

◎今回のワークショップのチラシ

◎過去のワークショプの様子

カテゴリー