国際シンポジウム「イメージの時空間―映像アーカイヴの多角的展開にむけて」10/9(月・祝)山形美術館

東北芸術工科大学では、昨年度までの科研費研究プロジェクト「デジタルシネマ時代における小規模映画の上映形式の研究」を継承・発展させるかたちで、本年度より三ヶ年計画による「小規模映画における保存と修復及びアーカイヴに関する研究」をスタートさせました。この研究では喫緊の課題とされる学生映画を含む小規模映画の保存とアーカイヴに向け、理論的且つ実践的な取り組みを進めております。この度はその一環として、山形国際ドキュメンタリー映画祭の期間中に国際シンポジウムを開催いたします。是非ともご参加ください。

国際シンポジウム「イメージの時空間―映像アーカイヴの多角的展開にむけて」
アーカイヴは単なる「過去」の保存庫ではない。われわれの〈いま〉がアーカイヴの〈かつて〉と出会い、亀裂をもたらされ、活動的になる一方で、これまでにない相貌のもとで〈かつて〉が〈いま〉この瞬間に甦る(=創造/想像される)。このシンポジウムでは、そうした〈いま〉と〈かつて〉の稲妻のうちの出会いを演出する(イメージ=)場としてのアーカイヴを多方面から考察していく。創造性/想像性との関わりのもとにアーカイヴを捉え、理論面および実践面での多岐にわたる可能性をパネリストとともに探り、新たなる思想の産出を図りたい。

パネリスト
ステファニー・シュルテ=ストラートハウス(アルゼナール映画・ビデオアート研究所共同ディレクター、ベルリン国際映画祭フォーラム・エクスパンデッド部門代表)
堀 潤之(映画研究者、関西大学文学部教授)
田口かおり(絵画修復士、東海大学創造科学技術研究機構特任講師)
港 千尋(写真家、映像人類学者、多摩美術大学美術学部教授)

モデレーター
北小路隆志(映画批評家、京都造形芸術大学芸術学部教授)

日時:2017年10月9日(月・祝) 16:15〜19:15
場所:山形美術館3階
入場無料/同時通訳付

主催:東北芸術工科大学/小規模映画における保存と修復及びアーカイヴに関する研究
協力:認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局
お問い合わせ:hosoya.shuhei(アット)aga.tuad.ac.jp(担当:細谷)

本研究はJSPS科研費17H02303の助成を受けたものです。

登壇者略歴
ステファニー・シュルテ=ストラートハウス
アルゼナール映画・ビデオアート研究所共同ディレクター、ベルリン国際映画祭フォーラム・エクスパンデッド部門代表。ベルリン映画祭フォーラム部門の選考委員。2011~2013年に企画・キュレーションした「Living Archive-現代アートとキュレーションの実践としてのアーカイブ活動」というプロジェクトが、さらなるアーカイブ・プロジェクトの模範となり、アルゼナールのアーカイブとしての政治学の根拠となった。

堀 潤之
映画研究、表象文化論。関西大学文学部教授。編著書に『越境の映画史』(菅原慶乃と共編、関西大学出版部、2014年)、『ゴダール・映像・歴史』(四方田犬彦と共編、産業図書、2001年)。訳書にアンドレ・バザン『オーソン・ウェルズ』(インスクリプト、2015年)、レフ・マノヴィッチ『ニューメディアの言語』(みすず書房、2013年)、ジャック・ランシエール『イメージの運命』(平凡社、2010年)、コリン・マッケイブ『ゴダール伝』(みすず書房、2007年)ほか。ジャン=リュック・ゴダール関連の DVD・BD 付属冊子に多数寄稿。

田口かおり
絵画修復士として絵画や現代美術の保存修復と展覧会コンサベーションを行う。研究領域は、保存修復理論・技法史、文化財学、美術史、表象文化論など。著書『保存修復の技法と思想:古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで』(平凡社、2015年)で第七回表象文化論学会賞を受賞。2017年より東海大学創造科学技術研究機構特任講師。

港 千尋
写真家、映像人類学者。多摩美術大学美術学部教授。群衆や記憶など文明論的テーマをもちつつ、研究、作品制作、展覧会、出版、キュレーション等、幅広い活動を続けている。著書『記憶-創造と想起の力』(講談社、1996年)でサントリー学芸賞を受賞。キュレーターとしての活動も多く、2007年にはヴェネツィアビエンナーレ日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ2016では芸術監督を務めた。

北小路隆志
映画批評家。京都造形芸術大学芸術学部教授。新聞、雑誌、劇場用パンフレットなどで映画評や書評を中心に執筆活動を展開。著書に『王家衛的恋愛』(INFASパブリケーションズ、2005年)、共著に『エドワード・ヤン 再考/再見』(フィルムアート社、2017年)、『アピチャッポン・ウィーラセタクン-光と記憶のアーティスト』(フィルムアート社、2016年)などがある。

 

International Symposium: The Time-Space of Images / Towards a Multi-faceted Film Archive

The archive is not a simple storage box of the past. It’s where our “now” encounters the archived “then”, undergoes fission, and is activated. It’s also where the “then” is reborn (recreated, reimagined) in the momentary “now”. In this symposium, we will discuss the image archive – the place where a bolt of lightning marries the “now” and “then”. Panelists, together with the audience, will investigate the archive’s creative and imaginative possibilities through theory and through actual examples, aiming to achieve a new understanding.

Panelists
Stephanie Schulte Strathaus (Co-Director of Arsenal – Institute for Film and Video Art, head of the Forum Expanded program at Berlin International Film Festival)

Hori Junji (Film scholar)
Taguchi Kaori (Art restorationist)
Minato Chihiro (Photographer, visual anthropologist)

Moderator
Kitakoji Takashi (Film critic)

Oct 9 (Mon) 16:15 – 19:15
Yamagata Museum of Art 3rd Floor
With English interpretation
Free admission

Presented by: Tohoku University of Art & Design
JSPS Grant Project: Preservation, Restoration, and Archiving of Independent Films
In cooperation with: Yamagata International Documentary Film Festival

This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 17H02303.

Panelists

Stefanie Schulte Strathaus
Co-Director of Arsenal – Institute for Film and Video Art and head of the Forum Expanded program at Berlin International Film Festival. Schulte Strathaus is also a member of the selection committee of the Berlinale Forum. From 2011-2013 she conceived and curated the project “Living Archive – Archive Work as a Contemporary Artistic and Curatorial Practice” which became the model for further archival projects and the basis of Arsenal’s archival politics.

Hori Junji
Professor of Film and Media Studies at Kansai University. He is the co-editor of a collection of essays on Histoire(s) du cinéma entitled Godard, Image, History (2001, Sangyo Tosho) and has published articles on Godard (in For Ever Godard, 2004) and on Truffaut (in A Companion to François Truffaut, 2013). He has translated several books into Japanese, including André Bazin’s Orson Welles: A Critical View, Lev Manovich’s The Language of New Media, Colin MacCabe’s Godard: A Portrait of the Artist at Seventy and Jacques Rancière’s Le destin des images.

Taguchi Kaori
Painting restoration expert. Taguchi restores and preserves paintings and contemporary artwork, and deals with exhibition conservation. Her research area covers the theory and technique of conservation and restoration, studies in cultural heritage, art history, studies in culture and representation, etc. Her book The Methods and Philosophy of Preservation and Restoration: From Ancient Art, Renaissance Painting, to Contemporary Art (2015, Heibonsha) was given an award by the Association for Studies of Culture and Representation. Junior Associate Professor at Tokai University’s Institute of Innovative Science and Technology since 2017.

Minato Chihiro
Photographer and visual anthropologist. Professor at the Faculty of Art and Design, Tama Art University. Through scholarship, art production, exhibition, publication, curating, and other activities of a wide range, Minato pursues civilization themes such as “crowd” and “memory.” He received the Suntory Academic Award for Social Sciences and Humanities for his book Memory—The Power of Creating and Remembering (1996, Kodansha). Active as curator, he was appointed Commissioner of the Japanese Pavilion at the Venice Biennale in 2007 and Artistic Director at the Aichi Triennale 2016.

Moderator

Kitakoji Takashi
Film critic. Professor at the Faculty of Art and Design, Kyoto University of Art and Design. Writes mainly film and book critiques for newspapers, magazines, pamphlets accompanying theatrical distribution, etc. Publications include Romance Wong Karwai Style (2017, Film Art), Edward Yang: Rethink/Farewell (2017, Film Art, co-author), Apichatpong Weerasethakul: Artist of Light and Memory (2016, Film Art).

カテゴリー