芸工大の魅力たっぷり「芸工祭2017」9/16(土)・17(日)芸工大

68ブースが出展。アート作品を多数展示・販売!

大学祭「芸工祭2017」を9月16日(土)、17日(日)の2日間開催致します。68ブースが来場者を楽しませようと趣向を凝らし、自主企画展やサークルイベント、在学生作品・卒業生作品を販売する模擬店、軽食屋台などを展開します。また各学科の特色を活かした学生展示やワークショップも行われる予定です。

今年の目玉企画として、映画「るろうに剣心」シリーズや、映画「3月のライオン」を監督した大友啓史監督のトークイベントおよび、世界的エンターテイメント集団「白A(SIRO-A)」のパフォーマンスなどが予定されています。是非、お越しください!

東北芸術工科大学「芸工祭」2017
日程:2017年9月16(土)、17日(日)
時間:両日9:00~19:00 
会場:東北芸術工科大学キャンパス内
入場:無料
※雨天決行/大学の駐車場をご使用いただけます。(学生スタッフが当日ご案内させていただきます。)
HP:https://blog.tuad.ac.jp/geikousai/

主催・お問い合わせ
東北芸術工科大学 芸工祭実行委員会
E-Mail :geikousai.kouhou@gmail.com

■注目のイベント
大友啓史監督トークイベント
大友啓史監督の代表作 「るろうに剣心」シリーズ。そして、今年の春公開された「3月のライオン」 。 これら代表作には山形がロケ地に使われており、大友啓史監督にとって山形はゆかりのある地になっています。ドキュメンタリーやテレビドラマの分野から、映画の世界へと活躍の場を広げ、数多くの名作を生み出す情熱はどこから湧き出てくるのか? 芸工祭でしか見られない大友監督の原点や制作現場での話しなどについて話していただくトークイベントです。

日時:9月16日(土)14:30〜15:30
会場:本館201講義室


プロフィール
おおとも・けいし/1966年岩手県盛岡市生まれ。 慶應義塾大学法学部法律学科卒業。 90年NHK入局、秋田放送局を経て、97年から2年間L.A.に留学、ハリウッドにて脚本や映像演出に関わることを学ぶ。 帰国後、連続テレビ小説『ちゅらさん』シリーズ、『深く潜れ』『ハゲタカ』『白洲次郎』、大河ドラマ『龍馬伝』等の演出、映画『ハゲタカ』(09年)監督を務める。 2011年4月NHK退局、株式会社大友啓史事務所を設立。 同年、ワーナー・ブラザースと日本人初の複数本監督契約を締結する。 12年8月『るろうに剣心』、 13年3月『プラチナデータ』を公開。  14年夏、映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』2作連続公開、14年度の実写邦画No.1ヒットを記録。日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞、毎日映画コンクールTSUATAYAファン賞、日本アカデミー賞話題賞など、国内外の賞を受賞。 2016年は『秘密 THE TOP SECRET』、『ミュージアム』、2017年春に『3月のライオン』二部作と話題作が立て続けに公開された。

白A< SIRO-A >芸工祭特別パフォーマンス


世界的エンターテイメント集団「A」のパフォーマンスライブ 。 「パフォーマンス」と「テクノサウンド」を融合させた近未来型エンターテイメントライブを行います。音・映像・身体の完璧なシンクロは、観る者すべてに驚きと感動を与えています。子供から大人まで、楽しめる世界でも認められた圧巻のパフォーマンスです。

日時:9月17日(日)18:30~19:30(予定)
会場:体育館

和太鼓『太悳』 芸工祭能舞台公演

太悳は、芸工大川口研究室が主宰する和太鼓研究会です。太悳の「太」は“太鼓”「悳」は“徳”の別体で、真っ直ぐな心で太鼓に向かうという思いを込めています。技の伝承理論と日々の稽古の過程を大切にし、舞台公演、国際交流、各地イベント等における演奏活動を通じて、芸道としての和太鼓の継承と発展に努めています。毎年、芸工祭でも、ダイナミックな和太鼓演奏をしています。

日時:9月17日(日)17:00~18:00
会場:能舞台

山形にalohaの風を

今年で6度目の出演になるフラ教室「フイレフア」です。心地よいハワイアンミュージックで踊る現代フラ、打楽器の伴奏でオリ(詠唱)を唱え力強い踊りの古典フラの2種を踊ります。どちらもひとつひとつのハンドモーションには意味があり、踊りを通してalohaの心、フラの魅力を伝えます。

日時:9月16日(土)15:30~16:30
会場:能舞台

カテゴリー