【参加者募集中】全国研究大会「探究型学習研究大会」10/21(土)・22(日)芸工大


東北芸術工科大学では、10月21日(土)・22日(日)の2日間にわたり、全国の教育関係者・NPO・行政職員を対象として高大接続改革、探究型学習に関する全国大会「学びの改革334プロジェクト 探究型学習研究大会」を開催します。 現在、中学校・高等学校の教育現場では、平成28年3月に文部科学省の高大接続システム改革会議が公表した「最終報告」における子どもたちが身に付けるべき3つの要素※1に基づき、探究型授業の導入が加速しています。この中、“特定の分野に絞らず、広く社会の中から課題を発見するための指導方法”に戸惑う教育現場からの声が増えています。

本研究大会は、全国の教員・NPO・行政職員らが垣根を越えて一堂に会し、定期的にそれぞれが抱える現状と課題を共有するとともに、上記を踏まえ、「主体的・対話的で深い学び※2」における「気づき」「解決方法」のみならず、これらの新しい学びの「本質」を考える機会とします。ぜひこの機会にご参加ください。

※1(1)十分な知識・技能、(2)それらを基盤にして答えが一つに定まらない問題に自ら解を見いだしていく思考力・判断力・表現力等の能力、(3)これらの基になる主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
※2学習指導要領の改訂において目玉の一つとして提唱されている「学習・指導方法の在り方」。人口減少、グローバル化、技術革新などに急激に変化する社会の中で、変化の時代を乗り越え、高い志や意欲を持ちながら他者との協働により新しい価値を創造できる力の育成を実現するために、導入が求められています。

「学びの改革334プロジェクト 探究型学習研究大会」
■テーマ
教科・地域を越境する学び
-「主体的・対話的で深い学び」は何のために必要なのか?-

■開催概要
日時:平成29年10月21日(土)12:30~18:00 (19:00~情報交換会 ※会費制)
           平成29年10月22日(日)10:00~11:15(12:30~デザイン選手権大会観戦)
会場:東北芸術工科大学(山形県山形市上桜田3-4-5)
定員:120名(事前申込制)※定員になり次第締切らせて頂きます。
参加費:無料(交流会・情報交換会は会費制)

■プログラム
【大会1日目】
10月21日(土)
12:30~12:40 開会
12:40~13:40 特別講演  
                             「AI時代における社会に求められる人材の育成~高校教育の視点から~」
                             文部科学省初等中等教育局教育課程課教育課程企画室 室長 白井 俊 氏
13:55~14:35 基調講演
                             「“主体的・対話的で深い学び”って何?生きた学びが生み出す真の価値」
                             認定NPO法人カタリバ 代表理事 今村久美 氏
14:45~15:25 連続講義① 
                             「探究型学習の実践例~山形県立東桜学館中学校 未来創造プロジェクト~」
                               山形県立東桜学館中学校・高等学校 校長 官 宏 氏
                               山形県教育庁高校教育課高校改革推進室 室長補佐 伊藤久敏 氏 
                               山形県立東桜学館中学校 教諭 安達 納 氏
                               東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科教授 柚木泰彦
15:30~16:10 連続講義② 
                             「探究型学習の実践例~デザセン2016優勝・準優勝校トークセッション」
                               香川県立高松東高等学校 教諭 西澤智子 氏
                             2016年大会優勝「センカツ」指導教諭 ※高松工芸高等学校
                               神戸市立科学技術高等学校 教諭 水野里奈 氏
                             2016年大会準優勝「味来缶」指導教諭
                             [進行] 東北芸術工科大学基盤教育研究センター 准教授 吉田卓哉
16:40~18:00 分科会
                             「4つの実践事例を基にした、グループ別意見交換会」
                             グループ1:総合的な学習の時間を活用した地域連携型実践事例
                                              山形県立新庄北高校 教頭 山宮 守 氏
                             グループ2:地域と連携した探究型学習の実践事例
                                                 山形県立東桜学館中学校 教諭 木村聡子 氏
                             グループ3:職業教育を視点とした探究型学習の実践事例
                                                  埼玉県立新座総合技術高校 教諭 青木邦眞 氏
                             グループ4:デザセンを活用した探究型学習の実践事例
                                                 山形県立山形西高等学校 教諭 武田秀幸 氏
19:00~  交流会(情報交換会) ※会費制・要事前申込
                             会場:山形国際ホテル(山形県山形市香澄町3- 4-5)
                             会費:お一人様2,000円 ※大会当日に受付にてお支払いください。
                   ※大学から山形国際ホテルまで、距離がございます。(車で15分程)
             送迎バスを運行いたしますので、ご希望の方は申込フォームよりお申し込みください。

【大会2日目】
10月22日(日)
10:00~11:00 特別講演
                         「学校と地域がつくる学びのしくみとキャリア教育への繋がり」
         静岡県教育員会高校教育課 教育主幹 眺野大輔氏
11:00~11:15 閉会
12:30~ デザセン2017決勝大会観戦(自由参加)

■本研究大会の4つのみどころ
1、「新しい学び」が育てる“AIに代えられない人間”とは
昨今の教育改革と、改革から見える近い未来に必要とされる人材像を考察します。文部科学省が提唱する新しい学びの導入により、教育現場および子供達、ひいては社会全体がどのように変化していくのか、文部科学省より講師を招き改革の目的と展望を伺います。

2、全国で実践されている「主体的・対話的で深い学び」が集結
新学習指導要領の導入に先駆け、様々な環境や方法で「主体的・対話的で深い学び」を実践している県内外の中学・高校教員による成果報告と、それらの新しい学びの可能性および展望を共有します。

3、教員・NPO・行政職員が集い、地域と教育の連携を考える場
中学・高校・大学・NPO・行政職員が垣根を越えて、各々の現状や課題を共有する機会とし、教育現場と地域の相互間による教育環境整備の必要性やあり方について考えます。

4、「全国高等学校デザイン選手権大会(デザセン)」決勝大会を観戦
本研究大会2日目では、デザセン2017決勝大会を観戦。主体的に課題を発見し、他者との協働により解決方法を生み出した高校生たちの熱いプレゼンテーションをご覧いただきます。1日目には、デザセン2016優勝・準優勝校の指導教員によるトークセッションも開催します。
デザセン2017公式ウェブサイト

■申込方法
下記のURLより、お申込みください。
http://www.tuad.ac.jp/334project/

■主催・後援
主催:東北芸術工科大学 創造性開発研究センター
          文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
   『生きる力を育む芸術・デザイン思考による創造性開発拠点の形成』
後援:山形県教育委員会(予定)、山形市教育委員会

■お問合せ
東北芸術工科大学 地域連携推進課(担当:伊藤迪子・樋口雅子)
TEL 023-627-2218 FAX 023-627-2081 ※平日9:00~17:00(土日祝は休み)
メールでのお問い合わせはこちら ※メールでの申込みに関するご連絡は件名を「【10/21研究大会申込】学校名・お名前」として送信ください。

・フライヤー[PDF]

カテゴリー