ワークショップ「金継ぎ」9/10(日)郁文堂書店

建築・環境デザイン学科の追沼翼さんと芳賀耕介さんが再生プロジェクトを行った郁文堂書店にて、割れた器を直す「金継ぎワークショップ」が開催されます。「金継(きんつ)ぎ」とは、割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、継ぎ目を金や銀などで飾る修理法のこと。修理後の継ぎ目を「景色」と見立てて楽しむのが特徴です。今回使用するのは「本漆」ではなく、かぶれない「新漆」。簡易的な修理方法で器を直します。講師は、山形ビエンナーレ2016参加アーティストのナカムラクニオさんが務めます。金継ぎで直したい人、直すことを覚えたい方など大歓迎です。ぜひ気軽にご参加下さい。

金継ぎワークショップ
日時:2017年9月10日(日)
時間:①13:00~ ②16:00~
場所:郁文堂書店 (山形県山形市七日町2-7-23)

参加費:2500円(材料/お茶付き)
講師:ナカムラクニオ(6次元店主)
持ち物:欠けた器や割れた器(3点まで)
予約:件名を『郁文堂 金継ぎ』とし、名前、人数、割れた器の状態、希望時間、電話番号を明記し、ikubundoutuzuru@gmail.com(郁文堂)まで。

※粉々に砕けた器、ガラスはご遠慮下さい。
※筆やへらなどの道具はこちらでご用意します。
※使用するのは「本漆」ではなく「新漆」です。

<講師プロフィール> ナカムラクニオ
映像ディレクター/6次元店主。著書『人が集まる「つなぎ場」のつくり方―都市型茶室「6次元」の発想とは』(CCCメディアハウス)、『さんぽで感じる村上春樹』(ダイヤモンド社)、『パラレルキャリア』(晶文社)、責任編集短編小説集『ブックトープ山形』(東北芸術工科大学)など。金継ぎ作家としても活動し、全国でワークショップを開催中。

郁文堂再生プロジェクト
CAMPFARE「知の集積場「結び」を山形に作ります!」
https://camp-fire.jp/projects/view/12383
reallocal山形「本の街」は作れるか? 郁文堂再生プロジェクト日記①
https://reallocal.jp/24253

カテゴリー