7/15〜「東北画は可能か?」と三瀬夏之介教授の個展が開催

チュートリアル「東北画は可能か?~地方之国構想博物館~」と美術科日本画コースの三瀬夏之介教授の個展「日本の絵」が、7月15日(土)より鶴岡アートフォーラムにて開催されます。ぜひ足をお運びください。

 

市民交流プログラム・特別展覧会
東北画は可能か? ~地方之国構想博物館~
三瀬夏之介 個展 ~日本の絵~

会場:鶴岡アートフォーラム
会期:2017(平成29)年7月15日(土)~8月20日(日)
休館日:7月18日(火)、7月24日(月)、7月31日(月)
開場時間:9:00~17:30/毎週金・土曜日:9:00~18:30 ※入場は閉場の30分前まで
観覧料:一般500(400)円/高大生300(240)円/中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催:鶴岡アートフォーラム、鶴岡市教育委員会
協力:イムラアートギャラリー、東北芸術工科大学
後援:山形県、朝日新聞山形総局、河北新報社、荘内日報社、毎日新聞山形支局、山形新聞・山形放送、読売新聞東京本社山形支局、さくらんぼテレビ、テレビユー山形、山形テレビ、エフエム山形

 

□イベント
日時:7月15日(土)14:00~17:00 
・「東北画とは何か?」三瀬夏之介×鴻崎正武
・ゲストトーク「地域アートは可能か?」 藤田直哉(文芸評論家、「地域アート 美学/制度/日本」著者)
・音イベント「SUMMER IKUSA 2017年夏 開戦」でんでらでん

日時:8月19日(土)14:00~17:00 
・「東北画とは何か?」三瀬夏之介×鴻崎正武
・ゲストトーク「裏日本美術は可能か?」 内呂博之(金沢21世紀美術館 学芸員)
・音イベント「Summer is over.-でんでらでんによる夏の終わりの即興地獄」でんでらでん

□展覧会関連プログラム・特別ワークショップ
「空想旅行にでかけよう」
日時:8月17日(木)12:30~15:00
会場:鶴岡アートフォーラム アトリエ
講師:是恒さくら(美術家)
参加費:700円
定員:12名(先着順) 対象:中学生以上
申込:7月13日(木)~8月10日(木)午前9時~午後7時 ※休館日を除く
館内受付にて費用を添えて申し込みください(電話受付可 Tel. 0235-29-0260)

□講演会
「山形とアマゾン:民族・文化・場所の違いを超える視点」
日時:2017年8月5日(土)14:00~16:00
場所:鶴岡アートフォーラム アトリエ(50席程度) 申込不要
関野吉晴(探検家、武蔵野美術大学教授)×是恒さくら(本展出品作家)

□連動企画
「それぞれの山形」 東北芸術工科大学日本画コース3年生
会期:2017年7月15日(土)~8月20日(日)
会場:鶴岡アートフォーラム エクステンション・ギャラリー
「山形藝術界隈展〇四」
出品作家:大槌秀樹、工藤玲那、後藤拓朗、白丸たくト、久松知子
ギャラリートーク&ライブイベント
8月11日(金・祝)
13:00~15:00 トーク「おさんぽギャラリートーク」企画:工藤玲那
15:00~17:30 ライブパフォーマンス「Each Action, Each Session」企画:
白丸たくト
出演 : 賢いULYSSES(京都) / 跡地 and more…
集合場所:いずれも鶴岡アートフォーラム エントランス
観覧無料

 

カテゴリー