西村宜起教授と卒業生の映像作品がバルセロナの映画館にて上映

映像学科の西村宜起教授と卒業生の映像作品が一つのプログラムとして、スペイン・バルセロナの映画館にて上映されました。本上映は、バルセロナでART/Experimental映像をプログラムする集団「BIRDIE NUM NUM」によって開催されました。

日時:2017年7月3日(月)21:30 〜
会場:Zumzeig Cinema( zumzeigcine.coop/es/ )

プログラム名:
SESION BIRDIE NUM NUM: DIFERENTES PERSPECTIVAS DE LA REALIDAD. LAS
PELICULAS DE YOSHIKI NISHIMURA
(セッション バーディー・ナムナム: 現実の別の見方。YOSHIKI NISHIMURA フィルム)
プレゼンター: Gonzalo E. Veloso

詳細WEB:
http://zumzeigcine.coop/es/portfolio/sesion-birdie-num-num-diferentes-perspectivas-de-la-realidad-las-peliculas-de-yoshiki-nishimura/

出品作家:
西村宜起(映像学科教授)
小林和彦「Gate vision」映像コース卒業生
川田陽亮「Proof of memory」映像学科卒業生
高橋梨沙子「 id」映像学科卒業生 ※2016年度の卒業制作映像

▲上映会の様子

カテゴリー