三瀬夏之介教授が出展|聲東擊西:東亞水墨藝術的當代再造/恋せよ乙女! パープルーム大学と梅津庸一の構想画

美術科日本画コースの三瀬夏之介教授が、下記2つの展示に出展します。ぜひご覧ください。

 

1

聲東擊西:東亞水墨藝術的當代再造
Crisscrossing East and West: TheRemaking of Ink Art in Contemporary East Asia.
会期:2017年6月15日〜8月20日
会場:銀川現代美術館(中国)
WEB:http://www.moca-yinchuan.com/

銀川

 

2

恋せよ乙女! パープルーム大学と梅津庸一の構想画
会期:2017 年6月1日(木)~18日(日)
会場:ワタリウム美術館
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6
時間:11:00~20:00(水~21:00)
WEB:http://www.watarium.co.jp/
料金:一般 1000円 / 学生(25歳以下 ) 800円

出展作家:小林椋、鋤柄ふくみ、予定と卵、坂本夏子、フナイタケヒコ、三瀬夏之介、泰平、宮下大輔、urauny、平山昌尚、3回目のゲルゲル祭、qp、梅津庸一、超エッチ+、小宮麻吏奈、リスカちゃん、荒木悠、村田冬実、KOURYOUパープルーム予備校生:安藤裕美、アラン、智輝

SNS を通じて全国から集まった若者が共同生活を営む私塾パープルーム予備校は、ネット空間から絵画空間、批評空間までを行き来する古さと新しさをあわせ持つ美術の共同体「パープルーム」の活動拠点です。本展は数百点に及ぶ様々なタイプの作品やその副産物、関連資料によってパープルームを網羅的に紹介します。
また通常の展覧会と異なり、会期中毎日パープルームの作家たちが会場で生活し、何かを生み出したり、突発的なレクチャーが催されたりと絶え間なく何かが起こり続けます。 ワタリウム美術館がパープルーム大学と化す2週間。

東北画とパープルーム―構想画について
開催日:2017年6月3日(土)18:00〜
講師:三瀬夏之介、梅津庸一

受付バック

 

 

カテゴリー