宮本准教授がプロデュース。東根市で図書館×ファッションの現地制作プロジェクトの成果報告展を開催

01_ウェブ・ピックアップバナー(デザイン=梅木駿佑)

spoken words project

本の服のスタディ

2017年6月3日[土]→7月9日[日]
まなびあテラス特別展示室
https://goo.gl/4PRRQP

 

ファストファッションがグローバル市場を席巻し、世界中の都市で皆が同じ服を買い、同じように着こなし、着捨てていく現在、〈わたしが暮らす町〉の美意識や文化を反映させたオーダーメイドの服づくりを、あえてローカルから問い直し、復権させることは可能だろうか?
本企画はそのようなローカル×ファッションの可能性を、「spoken words project」デザイナーの飛田正浩氏とともに探りながら、美術館であり図書館でもある「まなびあテラス」周辺の田園風景や人々との交わりから、様々なスポークン的〈本の服〉を試作するプロジェクトです。
雪を冠した山々を背景に桜が咲く山形の4月下旬、飛田氏の服づくりは、地元の学生や主婦らと30メートルの白い布地にパターンを手刷りする工程からはじまりました。展覧会「本の服のスタディ」は、まなびあテラスのアトリエで、9日間にわたって現地制作したテキスタイルを素材に、ブックカバー、ブックトートバッグ、本の仕事をする人のためのユニフォームなどをデザイン・縫製し、制作プロセスのドキュメントムービーとともに展示発表いたします。
「spoken words」(=朗読する/唄を歌う)をその名に冠したファッションブランドが、果樹の町の図書館でつくった〈本の服〉たちは、どんな物語や風景を紡ぎ出すでしょうか。ぜひ会場で手にとって、頁をひらいてご覧ください。
※展示作品はご購入可能ですが、品物のお渡しは展覧会会期終了後となります。また、作品の一部は受注生産となりますことを事前にご了承ください

 

●関連イベント

オープニング対談&公開プリント
服からつくる、あたらしい風景 〜ローカル/ファッション/アートの消費を考える〜」

日時・会場:2017年6月3日[土]13:30~15:00 まなびあテラス特別展示室内
トーカー:飛田正浩 × 宮本武典(本展プロデューサー)
制作サポート:東北芸術工科大学有志

03_飛田正浩飛田正浩/Masahiro Tobita

 

spoken words project(スポークンワーズプロジェクト)

飛田正浩を代表とするファッションブランド。多摩美術大学在学中より様々な表現活動を「spoken words project」として行う。卒業を機にファッションブランドに改め、1998年東京コレクションに初参加。手作業を活かした染めやプリントを施した服づくりで知られる。年2回、シーズンごとに発表されるコレクションの他、ミュージシャンの衣装や舞台美術、テキスタイルデザイン、ワークショップ、インスタレーションも手掛けるなど、従来のファッションの領域を横断するクリエーションを展開。近作では山形ビエンナーレでのアートワーク「わたしは鬼」(和合亮一との共同制作/2014)と安部公房作品へのオマージュ「砂の女」(2016)、せたがや文化財団生活工房でのワークショップ「14歳のワンピース」(2012〜)、(株)コッカとのファッションソーイングブランド「3min.」、スポーツブランド「PUMA」とのコラボシューズPUMA ×spoken words project 「ewohaku(絵を履く)」が注目を集める。

http://spokenwordsproject.com

02_side by side「side by side」(撮影=菊池良助)

 

spoken words project「本の服のスタディ」

会期:2017年6月3日[土]→7月9日[日]
会場:まなびあテラス特別展示室
開館時間:9:00-18:00(第2・第4月曜休館)入場無料
企画・プロデュース:宮本武典(まなびあテラス芸術アドバイザー/東北芸術工科大学准教授)
現地制作サポート:東北芸術工科大学学生有志(半澤青空、鑓水眞愛、中村綾恵、冨永知沙)、鈴木淑子、伊藤迪子、森谷功、高橋恵里子、平由美子、大沼美智子、押野篤子、滝口あかり、鈴木公人、手塚真世
ムービー:岩崎孝正
宣伝美術:梅木駿佑(UMEKI DESGIN STUDIO)
協力:Atelier of spoken words project、NHKプラネット、東北芸術工科大学、アートエッグ

 

04_ewohaku「ewohaku(絵を履く)」PUMA ×spoken words project(撮影=佐伯慎亮)

05_3min.

「3min.」(撮影=菊池良助)

06_1_14歳のワンピース
「14歳のワンピース」(撮影=ゆかい)

06_2_14歳のワンピース「14歳のワンピース」(撮影=ゆかい)

07_砂の女「砂の女」(撮影=志鎌康平/写真提供=東北芸術工科大学)

08_砂の女(iiti)「砂の女」(撮影=志鎌康平/写真提供=東北芸術工科大学)

Web「砂の女」(撮影=志鎌康平/写真提供=東北芸術工科大学)

 

●会場・問い合わせ

東根市公益文化施設「まなびあテラス」
〒999-3730 山形県東根市中央南一丁目7-3
Tel: 0237-53-0229(美術館)E-mail: info@manabiaterrace.jp
http://www.manabiaterrace.jp
JR「さくらんぼ東根駅」からのアクセス
徒歩:9分/自転車:5分(レンタサイクル1日300円)/山交バス:東根市役所経由村山駅前・北町行き3分バス停「東桜学館前」下車徒歩1分/市民バス(平日のみ運行):北部循環線・休石線・向原神町東根線・泉郷線2分バス停「まなびあテラス」下車徒歩1分 (無料駐車場150台/駐輪場100台)

カテゴリー