東北芸術工科大学

  •  美術科日本画
  • 日本画コースの学生4名が出品「骨のあるアート展」伊勢丹新宿店アートギャラリー

日本画コースの学生4名が出品「骨のあるアート展」伊勢丹新宿店アートギャラリー

伊勢丹新宿店アートギャラリーで開催される「骨のあるアート展」に、美術科日本画コースの学生4名が出品します。

人間や動物の骨は、古今東西の多くのアーティストたちに多様な意味をもつシンボリックなモチーフとして取り上げられてきました。また、生き物の基本的な形を作る役割である、骨の色や形に惹かれて表現する作家もいます。本展は、骨をテーマに、平面作品、立体作品、アクセサリーまで幅広い作品をご覧いただくことができます。ぜひ足をお運びください。

 

骨のあるアート展
場所:伊勢丹新宿店本館
時間:2017年5月24日(水) ~ 30日(火)18:00
最終日は18:00まで

出展学生:櫻田馨子、星和真、中山てな、八島千尋

 

bone1 bone2