東北芸術工科大学

  •  美術科洋画
  • 木村たまえさん「伊達政宗の母・義姫の紙芝居」の挿絵に採用

木村たまえさん「伊達政宗の母・義姫の紙芝居」の挿絵に採用

本学洋画コース2年の木村たまえさんの版画作品が、伊達政宗の母・義姫の魅力を知ってもらうため「義姫の会」が制作した紙芝居の挿絵として採用されました。「儀姫の会」が昨年行った挿絵コンクールに寄せられたなかから木村さんが選ばれ今回の採用に至りました。木村さんは洋画を学んでいますが、儀姫の表情を表すには版画のほうが適していると考え、版画の作品でコンクールに挑んだとのことです。4月23日(日)午後1時半から、完成を記念し、霞城公民館で紙芝居の上演会が行われる予定です。