宮島達男客員教授が新刊「芸術論」を発売

s_DSC_0470

宮島達男客員教授がこの度、新刊「芸術論」という本を刊行しました。
内容は3部構成になっており、1部ではインタビュー、2部ではツイッターで書かれた「アーティストとしての心得」や「考えるためのヒント」を掲載。3部では、2001年~15年に新聞などに寄稿したテキストなどがまとめられ記されています。さらには、2006年〜2016年に東北芸術工科大学副学長として10年間、学生などに向けて書かれた文章やツイッターの発言など
に加えて、アイディアスケッチやドローイングなども盛り込まれた宮島芸術の世界を堪能できる内容となっています。
是非、ご覧ください。

著者:宮島達男
編集:東 晋平
、大森貴久(東晋平事務所)
仕様:ハードカバー(上製本)

サイズ:四六判
ページ:136ページ
デザイン:木村稔将

ISBN:978-4-908122-07-1

カテゴリー