東北芸術工科大学

  •  映像学科
  • 映像学科1年生制作ドキュメンタリー作品が京都造形芸術大学の卒展にて上映

映像学科1年生制作ドキュメンタリー作品が京都造形芸術大学の卒展にて上映

poster_4.7_ol

 

本学映像学科1年生は制作したドキュメンタリー作品「LIVE LIFE LOVE~生きる手ごたえ感じてますか~」が京都造形芸術大学の卒展イベントにて特別招待され、3月2日に上映されることになりました。

この映画は69名の1年生それぞれが、約69人のハンディキャップをもつ方を、自ら探し見つけ、コミュニケーションで関係を深め、インタビューの依頼の承諾を取り、撮影をするというプロセスを得て制作されました。特別にハンディキャップにスポットを当てるわけではなく、1人の人間として何を思い、考えているのかを瑞々しく映し出しています。ハンディキャップを持つ人の日常が健常者の日常とどのように違って、どのくらい同じなのか。その言葉の中にある人としての思いを伝える作品となっております。