物語・ストーリーを考えたい高校生、集まれ!春休みストーリー創作講座

文芸フライヤー(最終)

物語やストーリーを考えようとして、最初からうまくいく人は少ないはず。物語やストーリーの考え方にはルールやコツがあって、まずはそうしたノウハウを学ぶことが上達への一番の近道。

今回の講座では、東北芸術工科大学・文芸学科の先生が目からウロコのルールを解説し、アドバイスを行いながら、ショートストーリーや長編のドラマを実際につくっていきます。きっと自分でも驚くほどのストーリーに仕上がるはずです!創作を学ぶのはもちろん、ぜひこの機会に同じ想いを持った仲間たちに出会いに来てください!

 

開催日時 2017年3月25日(土)10:00~15:10
参加費  無料(学食ランチ・チケットをプレゼント)
応募条件 本や漫画を読んだり映画やアニメを観たりするのが好き、物語を空想することが好きな高校生
会場 東北芸術工科大学(〒990-9530 山形市上桜田3-4-5)
持ち物 筆記用具、メモをとるノート

 

スケジュール

09:45 集合、受付…三角屋根の一番大きな建物「本館」の1Fにお越しください。
10:00 開会、オリエンテーション
10:30 『長編ドラマをつくる』
…長編ドラマの基本的なパターンについてご説明した後、パターンに沿ってアイデアを出し合いながら、ドラマを完成させていきます。随所で先生が丁寧にサポートします。

11:50 午前の部終了、昼食 …昼食(学食のランチ・チケットをプレゼント)
13:00 『ショートストーリーをつくる』
…ショートストーリーの構造と創作のポイントをレクチャーしたうえで、午前と同様にアイデアを出し合いながら、全員でひとつの作品を完成させます。

14:30 まとめ
15:10 閉会

講師

 ストーリー講座_講師イラスト

文芸学科の先生おふたりが、軽妙なかけ合いトークで講座を進めていきます。

創作講座の概要と目標

長編はパターンを覚えて、そこにさまざまな自分の経験を盛り込んでいけば、ある程度まとまったものができますが、短編(ショートストーリー)の場合、「作品」としての自立性が高いため、より論理性と構築力、発想力が求められます。(長編のワークを午前中に行うのはそのためです)「長編ドラマをつくる」では『ストーリーの文法』を、「ショートストーリーをつくる」では『ストーリーの構造、および論理的な展開の仕方』を身に付けていきます。

LINEの友だち限定プレゼント!

LINEの友だちには、芸工大の学生・先生が開発に携わった「特恋ミルク8.2チョコレート」もしくは「山形グミおきたまデラウェア」をプレゼントします!友だちになってくれた方には、当日使用可能なクーポン券(プレゼントの引き換え券)をお送りします。
※高校生・受験生の友だち・お一人一点限り、3/25に限り有効

LINEの友だち追加方法
①「@tuad」で検索して「東北芸術工科大学」を友だちに追加
②下の「友だち追加」ボタンを押して「東北芸術工科大学」を友だちに追加

友だち追加

仙台駅、山形駅から無料バスを運行!

仙台駅と山形駅から会場までの無料バスを運行します。仙台駅からの乗車は事前予約が必要です。講座と併せて予約してください。
バス時刻表と地図

 

お申込み・お問い合せ

◎お申し込みの受付は終了いたしました。

 

お問い合わせ先
東北芸術工科大学 春休みストーリー講座担当
TEL:0120-27-8160 Email:nyushi@aga.tuad.ac.jp

bungeiDM

裏bungeiDM

 

カテゴリー