「第2回 つまむ広場」日常がちょっと豊かになる「暮らしのヒント」を見つけるワークショップ参加者募集!!

じぃばぁとの暮らし_イベント背景-02

コミュニティデザイン学科の学生が主催するワークショップ「つまむ広場」。

テーマは、「いつもよりちょっと豊かな暮らし」です。

毎回、山形県在住の「やまがた人」をゲストに迎え、暮らしにまつわるお話をしていただきます。忙しい生活の中では、なかなか振り返ることのできない自分の暮らしについて、立ち止まって考えることができる機会となるワークショップになります。

今回は第2回となり詳細は以下になります。

—————————————————————————————————————————————

第2回 2016年12月10日(土)14:00~15:30

「じぃばぁとの暮らし」

ゲスト:武田 直子さん(医療ソーシャルワーカー)+松村 さつきさん(精神科ソーシャルワーカー)

じぃばぁに関わるやまがた人と、誰しもいずれは訪れる、“老い”に向き合い楽しく前向きに生きていくための「暮らしのヒント」を見つけます。医療・福祉に興味がある人、また自分の将来について考えたい人におすすめです。

—————————————————————————————————————————————

素敵なやまがた人のみなさんと一緒に考えたワークショップです。ぜひご参加ください。

 

◎開催概要

会場:やまがた藝術学舎(旧県知事公舎・公館)

日時:2016年12月10日(土)14:00~15:30
住所:〒990-2431 山形市松見町17-1
定員:15名
駐車場:22台(無料)
参加費:無料
申し込み:不要

 

◎お問い合せ

東北芸術工科大学内studio-L

担当:地域連携推進室 藤原
住所:〒990-2421 山形市上桜田3-3-23
電話:023-665-5862
FAX:023-665-5863
メール:yamagata.gakusha@aga.tuad.ac.jp

 

主催:東北芸術工科大学

運営:やまがた藝術学舎スタジオ(コミュニティデザイン学科)

やまがた藝術学舎Facebook:https://www.facebook.com/yamagata.gakusha/

平成28年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」

 

※やまがた藝術学舎
2011年に旧県知事公舎・公館を改修し、山形市民が文化と芸術に親しむ社会教育の場として誕生しました。こども芸術大学の卒業展示や山形ビエンナーレのメイン会場の一つとしても使われています。

※コミュニティデザイン学科
東北芸術工科大学でまちづくりを学んでいます。やまがた藝術学舎を「あたらしい公民館」として市民が学び合い、地域課題を解決できる、社会教育の場にしていきたいと考えています。

——————————————————————————————

◎第1回目の様子

 

01

05

03

04

02

 

カテゴリー