第18回日本テレワーク学会研究発表大会 開催

企画構想学科 松村 茂教授が会長を務める、日本テレワーク学会の第18回日本テレワーク学会研究発表大会が行われました。

日時:2016年7月2日〜3日

場所:千代田プラットフォームスクェア(東京都千代田区)

主催:日本テレワーク学会(会長:松村茂東北芸術工科大学教授)

内容は以下になります。
【1】

東北芸術工科大学 松村 茂
「テレワーカーを移住させるための拠点作りの考察~ふるさとテレワークから~」

【2】

ホームワーカーズコミュニティ株式会社 田窪 亜矢
東北芸術工科大学 松村 茂
「人材送り込み型 お試しテレワークによる地方移住促進の有効性検証(兵庫県丹波市)」

【3】東北芸術工科大学 池田 知之
東北芸術工科大学 松村 茂
「ワークライフバランスを実現するワーケーション(workation)という働き方の考察」

【4】

DAYKE 代表 阪野 正義
東北芸術工科大学 松村 茂
「企業マッチングのための地方コワーキングスペースを軸としたSOHOの能力開発の研究」

【5】

東北芸術工科大学大学院 芸術工学研究科修士課程 濵田翔太郎
東北芸術工科大学 松村 茂
「コワーキングスペース内での開発事例と考察」

カテゴリー