三瀬夏之介教授が「青森EARTH2016 根と路」に出展

美術科日本画コースの三瀬夏之介教授が、青森県立美術館10周年記念「青森EARTH2016 根と路」に出展します。縄文に創造の原点をたずね、青森の大地に根ざした新たなアートを探求する青森県立美術館の企画シリーズ「青森EARTH」。集大成となる今年は「人は大地に『根』を張り生き、旅という『路』を行く」というコンセプトの下、「根と路」と題して、郷土の自然誌・民族資料、国内外の現代美術作品の数々を組合せて展示されます。縄文の昔から連綿と続く人と大地の「旅と土着」の交わりの果てに青森からあらわれ・ひろがる「根と路」の世界をぜひ御覧ください。

 

青森県立美術館10周年記念「青森EARTH2016 根と路」
Aomori EARTH 2016:Roots and Routes

会期:2016年7月23日 (土)〜 9月25日 (日)
休館日:8月8日(月)、22日(月)、9月12日(月)
時間:9:00〜18:00 (入館は17:30まで)
観覧料:一般1,500(1,300)円、高大生1,000(800)円、小中学生は観覧無料 ※( )団体料金

出品作家:淺井裕介(絵描き)、石川直樹(写真家)、クリスチャン・ヴィウム(写真家・文化人類学者)、アピチャッポン・ウィーラセタクン(映画監督・アーティスト)、エドワード・S・カーティス(写真家)、志賀理江子(写真家)、ロバート・スミッソン(アーティスト)、奈良美智(美術作家)、スーザン・ヒラー(アーティスト)、平田五郎(アーティスト)、三瀬夏之介(画家)、皆川嘉左ヱ門(農民彫刻家)、森永泰弘(サウンドデザイナー)×dot architects(建築ユニット)、矢津吉隆(美術家/kumagusuku代表)、ヨナサス・デ・アンドラーデ(アーティスト)、青森で採集された岩石標本、笹森儀助資料、三内丸山遺跡出土資料

主催:青森EARTH2016展実行委員会
(東奥日報社、青森朝日放送、青森県観光連盟、青森県立美術館)
協賛:株式会社ユニバース
協力:青森空港ビル株式会社、株式会社フジドリームエアラインズ、青い森鉄道株式会社、
A-FACTORY、東北大学学際科学フロンティア研究所、東北大学大学院文学研究科、
東北大学総合学術博物館、トモ・スズキ・ジャパン、eitoeiko、ホテル山上
後援:NHK青森放送局、青森ケーブルテレビ、エフエム青森、河北新報社、北海道新聞函館支社、
青森県教育委員会
助成:平成28年度文化庁優れた現代美術の海外発信促進事業

 

CmmtJq3UkAAgX6j.jpg-large

 

カテゴリー