映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の PRイベント展に「書き時計」が出展

卒業生の鈴木完吾さんの作品「書き時計」(正式作品名:plock[プロック])が、製作ティム・バートン×主演ジョニー・デップが贈るシリーズ最新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のPRイベント「アリスと時間のアート展」に出展しています。6月5日(日)には1日限定で、作者本人によるデモンストレーションを行いました。 昨年度プロダクトデザイン学科を卒業した鈴木完吾さんの作品「書き時計」は、インターネット上で大きな話題となり、多数のメディアで紹介されたことも影響し、「卒業・修了研究/制作展2015」では前年比2,8倍となるのべ11,3万人の過去最高来場者数を記録し、大きな反響がありました。 本展は、今から6年前、想像を超えた映像美で「不思議の国のアリス」のその後を映画化し、日本をはじめ世界的ブームを巻き起こした『アリス・イン・ワンダーランド』の最新作の公開を記念して開催されます。鈴木さんの作品の他に、各界で活躍する『アリス・イン・ワンダーランド』の世界に魅了された著名人が“時”や“映画の美しい世界観”を表現したアート作品を制作し展示されるほか、水玉模様と色鮮やかな色使いが印象的な世界的アーティスト草間彌生氏の描くアリスの世界のコーナーも登場します。 ぜひご覧ください。

 

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」公開記念 『アリスと時間のアート展』
期間:2016年6月4日(土)~12日(日) ※6月5日(日)デモンストレーション
時間:平日 11:00~20:00/土日 10:00~20:00
会場:汐留・日本テレビ 2階日テレホール (B・C)
住所:東京都港区東新橋一丁目6-1
入場:無料

主催:読売新聞社
協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、日本テレビ放送網

詳細:http://www.ntv.co.jp/alice-time/

 

IMG_6420

 

 

カテゴリー