【6/3】海外での心臓移植実現を支援する『たまきちゃんを救う会』が説明会を開催

卒業生であるたまきちゃんの父親が来学し自身の声で支援を呼びかけます

本学卒業生の青山竜馬さんのお子さん青山環[あおやまたまき]ちゃん(2歳女児)※1の海外での心臓移植実現を支援する『たまきちゃんを救う会』が6月3日(金)に本学で支援を呼びかける説明会を開催します。本会では、たまきちゃんの父・青山竜馬(35歳)が来県し、母校である本学でこれまでの支援 へのお礼と引き続きの協力のお願い、たまきちゃんの現状等についてお話します。また、翌日6月4日(土)には、救う会の スタッフとともにモンテディオ山形ホーム戦での募金活動と、七日町にて街頭募金活動を行います。

先日、神奈川県内の6歳未満女児からの臓器提供のニュースがありましたが、現実問題、国内での移植については今なお、厳しい状況であることに変わりはありません。期待される心筋シートの実現においてもまだまだ未知数です。たまきちゃんが生きるために残された道はひとつです。どなたでも参加可能ですので、ぜひ足をお運びください。

 

日程:2016年6月3日(金)
時間:17:00 ~
場所:建築環境デザイン学科実習棟
参加者:竹内昌義教授(建築環境デザイン学科)・青山竜馬(たまきちゃん父)・高橋大陽 (たまきちゃんを救う会共同代表)
詳細:http://tamakichan.net/

 

※1 現在、大阪大学医学部附属病院に入院中の青山環[あおやまたまき]ちゃん(北海道生まれ大阪府在住)は『拡張型心筋症』で小児用補助人工心臓を外せない状況です。彼女の病気は双子の姉・菫[すみれ]ちゃんが生後9ヶ月で亡くなった事により発覚しました。

※2 たまきちゃんの両親の友人達で組織しております。たまきちゃんの父・青山竜馬さんが東北芸術工科大学出身であり、大学時代の仲間達が中心となっている事から、宮城県仙台市に本部を置き、宮城県庁において3月14日に記者会見を行い、活動を本格的にスタートさせました。宮城県の他、両親の出身地の北海道・青森県、その他山形県・東京都・大阪府と全国6地域に支部を置いております。

 

カテゴリー