東北-アートの博物学 鴻崎ゼミ×深井ゼミ合同展

代官山・蔦屋書店内にあるラウンジAnjinが、美術科洋画コースの鴻崎正武准教授と美術科工芸コースの深井聡一郎准教授の卒業生と在学生含むゼミ生11名によるグループ展を開催します。

土地に根差した物語を掘り起こす手法で絵画における固有性を探求する大学院博士課程の田中望さんや地方都市の在り様をノスタルジックにとらえた藤原泰佑さん、目に見えたいものの形を追及する根本裕子さん、道端や海岸などで拾った珊瑚や植物の種、石ころなどを模して大きくつくり並べて展示するという手法で実物との差異からリアリティのあり方を観察するかのような高妻留美子さんなど。

それぞれに異なるテーマや手法がありながら、土を削り取るのではなく盛り重ねる、手びねりで形作る、描く対象の観察、民俗学的フィールドワーク等といった実直な行為の先に加味される個々人の幻想的な物語性が浮かび上がります。ぜひ御覧ください。

 

東北-アートの博物学
鴻崎ゼミ×深井ゼミ合同展

会期:2016年5月10日(火)〜7月5日(火)
時間:9:00〜深夜2:00(営業時間)
場所:蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア
web:http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/05/post-122.html

主催:Anjin
共催・協力:アートフロントギャラリー
問い合わせ先:03-3770-1900

参加作家:氏家昂大、鴻崎正武、小林知世、皆藤齋、佐々木優衣、高妻留美子、田久保静香、田中望、根本裕子、深井聡一郎、藤原泰佑

 

鴻崎2

AGAIN-ST2-73 のコピー

田中2

 

展示スペース

展示スペース

 

カテゴリー