「日々是好日 -根づくもの 脈々と」鈴木祥太・浅野友理子 二人展

宮城県にある塩竈市杉村惇美術館が、美術科工芸コース卒業生で金工作家の鈴木祥太さんと大学院芸術工学研究科修士課程修了生で歴史遺産学科副手の浅野友理子さんの二人展「日々是好日 -根づくもの 脈々と」を開催します。

本展では、鈴木さんの代表作「蒲公英」をはじめ、「鹽竈桜」を題材とした新作、浅野さんによる塩竈市浦戸諸島の「白菜」を題材とした1.9m×3.6mもの新作を含む、約20点を展示します。 私たちの日々の暮らしに根づき、脈々と受け継がれる美しい循環をご覧ください。

 

若手アーティスト支援プログラムVoyage第二弾
「日々是好日 -根づくもの 脈々と」鈴木祥太・浅野友理子 二人展
会期:2016年5月3日(火・祝)〜6月19日(日)
時間:10:00〜17:00(入館受付は16時30分まで)
会場:塩竈市杉村惇美術館 企画展示室1・2
観覧料(企画展+常設展セット):一般500円/大学生・高校生 400円/中学生以下無料
休館:月曜

主催:塩竈市杉村惇美術館
協力:東北芸術工科大学

 

関連企画

ギャラリートーク[鈴木祥太・浅野友理子] 【予約不要】
両作家によるアーティストトークとクロストーク。
日時:2016年5月3日(火・祝)14:00~
場所:塩竈市杉村惇美術館 企画展示室1・2

 

金工ワークショップ 「錫を叩いて豆皿をつくろう」 【要事前申込】
錫の柔らかい特性を利用して、金槌で叩いて表面に模様をつけ、
小さなお皿(豆皿)をつくります。名前や日付の刻印もできます。
日時:2016年5月4日(水・祝)11:00~/14:00~
参加費:3,000円(材料費込)
定員:各回8名
会場:塩竈市杉村惇美術館 大講堂
講師:金工作家・鈴木祥太

 

クロストーク「絵をよむ-海を耕す人々-」 【予約不要】
謝 黎(歴史遺産学科准教授・東北文化研究センター研究員)×浅野友理子(画家)
地域特有の文化や女性の手仕事について、浅野の作品をもとに語り合います。
日時:2016年5月7日(土)14:00~
場所:塩竈市杉村惇美術館 企画展示室

 

浦戸の恵みを学ぼう、食べよう~春の息吹、菜の花~ 【要事前申込】
日本の白菜のルーツのひとつは 塩竈市浦戸諸島にあります。
浦戸の白菜について学びながら、菜の花を味わいます。
日時:2016年6月5日(日)14:00~
参加費:1,500円(菜の花のおやつ付き)
定員:20名
場所:塩竈市杉村惇美術館
協力:食の学人の会

 

ライブ「Voyage live program 風景を描く音」 【要事前申込】
KUDANZ、EARLY CROSSの2組によるアコースティックライブを、
作品とのコラボレーションでお届けします。
日時:2016年6月11日(土)16:00~ (15:30開場)
チケット:3,000円
会場:塩竈市杉村惇美術館 大講堂

*トークは企画展観覧料でご参加いただけます。
*上記イベントの参加費・チケットには展示観覧料が含まれます。
*メンバーシップ会員割引があります。

 

お問い合わせ
塩竈市杉村惇美術館
住所:〒985-0052宮城県塩竈市本町8番1号
TEL:022-362-2555
FAX:022-794-8873
MAIL:sugimurajun-museum@shiomo.jp
WEB:http://sugimurajun.shiomo.jp/

 

 

〈展示作品〉

IMG_0133tanpopo
鈴木祥太≪蒲公英≫2016年/銅、真鍮、金粉、緑青/165mm×175mm×163mm

fukujusou
鈴木祥太≪福寿草≫2016年/真鍮、洋白、銅、金粉、緑青/35×35×85(mm

 

karamukionna new
浅野友理子≪殻むき女、脈々と≫2016年/パネルに石膏地・油彩・水干絵具・岩絵具/700mm×1900mm

 

tubaki new
浅野友理子≪椿や椿や≫2016年/パネルに石膏地・油彩・水干絵具・岩絵具/1303×1620(mm)

 

カテゴリー