「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」企画発表会 & ディレクターズトークのご案内/会場(東京:カフェ6次元)

12963947_1700801340177741_2954135425752887229_n 12718106_1700801380177737_5607051448676427534_n
東北芸術工科大学では、荒井良二氏を芸術監督に迎え、2016年9月3(土)から2回目となる「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」を開催いたします。これに伴い、4月20日(水)に、山形ビエンナーレ2016企画発表会と、ディレクタートークをカフェ6次元で行います。
当日は荒井良二芸術監督と、プログラムディレクターの宮本武典が、公式ポスタービジュアル、主な特徴、参加アーティスト、地域連携プログラムについてお話しします。インタビュアーは6次元のナカムラクニオ氏です。是非ご注目・ご参集ください。プレス・出版関係者の皆さまはもちろん、本芸術祭に関心をもってくださる方は、ふるってご参加ください。

イベント名:「山形ビエンナーレ2016」ディレクターズトーク
日時:2016年4月20日(水)
時間:18:00~19:30(入場無料)
会場:カフェ 6次元
住所:〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-3 2F
web:http://www.6jigen.com/

登壇:
荒井良二(芸術監督/アーティスト・絵本作家)
宮本武典(プログラムディレクター)
ナカムラクニオ(カフェ「6次元」店主)

内容:以下の取り組みの趣旨と内容についてご説明いたします。
① 芸術監督に山形出身の絵本作家・荒井良二氏を起用。
② 芸術大学が主催する、次世代を育むアートの祭典。
③ 街と人をつなぐ「本」のプロジェクトを展開。
④東京在住の山形出身者も参加できるプログラム。
⑤ 地元クリエイターによるユニークな「市」を創設。
⑥ リノベーション物件から山形カルチャーを発信。

定員:各回25名(全席自由・整理番号有)

■申込受付:メール件名を『山形ビエンナーレ発表トーク』とし、お名前、人数、電話番号を明記の上、カフェ6次元宛に送信してください。

→ 6次元:rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp

*一般参加は限定25席です。定員数に達し次第、申込受付を終了いたします。
*お申し込み順に整理番号がつきます。当日開場時間になりましたら番号順にお呼びし、ご入場いただきます。(お呼びした時にご不在でしたら整理番号は無効になり最後のご入場になります)
*夜のイベントのためお子様連れでの参加はご遠慮ください。

【お問い合わせ】
山形ビエンナーレ事務局(東北芸術工科大学 地域連携推進室)
住所:〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
Tel 023-627-2091[伊藤・加藤] Fax 023-627-2081 Email biennale@aga.tuad.ac.jp

12718029_1700801330177742_7349841382462793691_n

カテゴリー