チュートリアル「藝術平和山塾」が「3.11の集い」と作品展を開催

芸術と平和をテーマに活動するチュートリアル「藝術平和山塾」が、京都造形芸術大学と連携して「開く未来 〜5年後・30年後の未来へ〜」を開催します。2016年は、2011年の東日本大震災による福島第一原発事故から5年となり、チェ ルノブイリ原発事故から30年となります。私たちは、どのような未来を希望し、何を創造していきたいのでしょうか?また、私たちは、震災や原発事故によっ て、何を学び、何を選択していきたいのでしょうか。小さな語らいから、私たちが歩む5年後・30年後の未来について語り合っていきます。
3月11日(金)に開催する「3.11の集い」では、ワークショップとして「東北縄文 の土をにぎる(泥だんご作り)ひとにぎり7万年」、トークライヴ、ライヴパフォーマンスを開催します。ぜひ足をお運びください。
 
 
京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 山塾3.11企画
『開く未来 ~5年後・30年後の未来へ~』
会期:2016年3月10日(木)~13日(日)
時間:12:00~18:00
会場:京都造形芸術大学・瓜生館1階
住所:〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
入場:無料

 

3.11の集い:Talk Live & Work Shop & Live Performance
日時:3月11日(金) 14:45~16:30
会場:京都造形芸術大学・瓜生館1階 会場内
参加無料・申込不要
◆ワークショップ:
「東北縄文の土をにぎる(泥だんご作り)ひとにぎり7万年」
◆トークライヴ:出品アーティスト
◆ライヴパフォーマンス:小川妙子(現代詩文書作家)
【京都造形芸術大学大学】
小野塚 佳代:大学院博士課程2年
浦田 沙緒音:総合造形コース4年
跳   造:学生グループ
松井 利夫:教授(陶芸家)
ヤノベケンジ:教授(彫刻家)
田中 勝:准教授(芸術平和学研究/現代美術家)

【東北芸術工科大学】
八島千尋:日本画コース2年
富永和輝:美術科日本画コース1年
赤澤朋恵:美術科洋画コース1年
木暮 春奈:映像学科1年
MORE GH :学生グループ
池田 正:非常勤講師(造形作家)
瀬島 匠:美術科洋画コース准教授(画家)

【ゲスト・アーティスト】
小川妙子:現代詩文書作家

【パネル展示】
尾池 和夫:京都造形芸術大学・学長(地震学者)
浅利 美鈴:京都大学環境科学センター・助教
主催:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 藝術平和山塾/NPO法人 ART Peace
協力:京都造形芸術大学 文明哲学研究所

お問合せ:藝術平和山塾
E-mail:yamaju9@gmail.com

 

140108tuad-iphv小出裕章講演会-A4表 140108tuad-iphv小出裕章講演会-A4表

 

カテゴリー