「シネマの復活-芸工大シネマナイト」を開催

シネマ通り「とんがりビル」のオープンを記念して、根岸吉太郎学長と映像学科の林海象教授の作品を上映します。現代無声映画の傑作『夢みるように眠りたい』を活弁士・澤登 翠が語り、未公開の三島由紀夫『近代能楽集』2篇を山形にて初公開します。この機会にぜひ足をお運びください。

 

シネマの復活-芸工大シネマナイト
日程:2016年3月4日(金)
時間:17:30開場
入場:無料
会場:とんがりビル(山形市七日町二丁目7番23号)

※上映10分前に監督より挨拶があります。
また、上映後はご歓談の時間をもうけております。

主催:東北芸術工科大学
お問い合わせ:hosoya.shuhei@aga.tuad.ac.jp

 

 タイムスケジュール

18:00~『夢みるように眠りたい』(1986年/81min)

監督:林海象/出演:佐野史郎、佳村萌 ほか

昭和初期の浅草を舞台に誘拐された娘を捜す私立探偵の魚塚は、やがて手がかりとなる未完成の映画にたどり着く……。全編モノクロの映像で描いた、林海象監督デビュー作。

澤登 翠(さわと・みどり)/台本、語り

法政大学文学部哲学科卒業。故松田春翠門下。日本の伝統話芸「活弁」の第一人者として、国内を始め仏、伊、米他海外にも招聘され公演している。洋画、現代劇、時代劇とレパートリーも豊富。これまでに文化庁芸術祭優秀賞、シネマ夢倶楽部賞、文化庁映画賞他を受賞。無声映画鑑賞会での公演を基盤にフィルムセンターや各地の映画祭での公演、大学他での講座、TV番組のナレーション、朗読とその活動は多岐に亘る。昨年、「文藝春秋」の「日本を代表する女性120人」に選出された。

 

20:00~
『近代能楽集 葵上』(2013年/54min)
『近代能楽集 卒塔婆小町』(2013年/51min)

監督:根岸吉太郎/出演:中谷美紀、柄本佑 ほか(以上「葵上」)、寺島しのぶ、北村有起哉 ほか(以上「卒塔婆町」)

 2015年に没後45年、生誕90年を迎えた三島由紀夫の傑作戯曲を、根岸吉太郎監督による演出と豪華キャスト陣により忠実に映像化した2篇。

 

geiko_20160304_ページ_1

geiko_20160304

カテゴリー