【東京開催】工芸コース出身の3人がグループ展を「HAGISO」(東京・谷中)で開催

東北芸術工科大学では、築60年の木造アパートを改修したイベントスペース「HAGISO」(東京/谷中)で、本学の大学院生および修了生がグループ展を開催いたします。本展は、2014年度東北芸術工科大学卒業・修了制作展において、美術科7コースの展示の中から、森司氏(ART COUNCIL TOKYO)によって、工芸コース出身の3名に「森司賞」が与えられ、その副賞として会場協力を頂き開催されるものです。会期中はゲストを招いたトークイベントも開催し、若いアーティストたちの未来へのメッセージや芸術教育の現在について発信していきます。カフェやショップも併設されていますので、ぜひこの機会にご来場下さい。

 

◎作品紹介

IMG_2262
高木しず花 大学院 修士課程 デザイン工学専攻 地域デザイン領域1年

 

Simonetta田久保静香
田久保静香 大学院 修士課程 芸術文化専攻 工芸領域1年

 

名刺 明
山増ちひろ 大学院 修士課程 芸術文化専攻 工芸領域修了生

 


展覧会名:三人の冷静な情熱| 2014年度東北芸術工科大学卒業・修了制作展|森司賞受賞展
会期:2016年2月16日(火)〜3月6日(日)12:00~21:00
会場:HAGISO(東京都台東区谷中3-10-25/TEL:03-5832-9808)
HAGISO営業時間:12:00-21:00 (L.O. 20:30)
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は翌日)
主催:東北芸術工科大学 (http://www.tuad.ac.jp/

 

◎トーク
1|「未来と向き合う」
日時:2016年2月16日(火)19:00~
会場:HAGISO(東京都台東区谷中3-10-25/TEL:03-5832-9808)
出演:森司(ART COUNCIL TOKYO)+出品作家

森司氏コメント:
卒業修了制作展から1年を経た地点での三人展は、彼女たちなりの独歩の痕跡であり、未来への展開を物語ることになるだろう。そのような作品を前にして、改めて彼女たちに過去と未来と今を聞いてみたいと思う。

 

2|「HAGISOトーク」
日時:2016年3月6日(日)19:00~
会場:HAGISO(東京都台東区谷中3-10-25/TEL:03-5832-9808)
出演:森司、宮崎晃吉(HAGISO代表)、宮島達男(現代美術家)深井聡一郎(彫刻家)

 

◎HAGISO
築60年の木造アパートを改修した「最小文化複合施設」で、日々魅力的な人や文化を育み発信する活動を行っています。1階にはカフェ(HAGI CAFE)、ギャラリー(HAGI ART)、レンタルスペース(HAGI ROOM)。2階にはホテルのレセプション&ショップ(hanare)、設計事務所(HAGI STUDIO)があります。ギャラリーでは、若手アーティストの個展やHAGISOキュレーションによる興味深い展示が毎月開催されています。
HP:http://hagiso.jp/

カテゴリー