写真メディアの可能性を探る。写真展「PHOTO FESTA」開催

Print

文化財のX線写真からキャンパスライフの1コマまで。
800人以上の学生・教員と職員が作品を出品

各学科、コースの学生・教員と職員が参加する写真展「PHOTO FESTA」をはじめて開催します。1月13日(水)から、本学本館7Fギャラリーにて作品を展示。写真は記録性、保存性、表現性など様々な特性を持つメディアであり、本学でも授業や、調査で使用されています。本展覧会では各分野の写真メディアの扱い方と取り組み方を紹介する企画となりました。全学部の学科、コースが考え出した写真作品、写真コラージュ作品、写真のZINE(冊子)の展示に加え、学生・教職員800人以上の写真を壁一面に貼り付けた大型作品などを、7階ギャラリーの壁にくまなく展示します。さらに展示期間中には、写真評論家をゲストに招いたトークショーなどのイベントも企画しております。是非、ご覧ください。

 

「PHOTO FESTA」
会期:2016年1月13日(水)~1月28日(木)
時間:10:00~20:00 ※土曜日は17:00まで
会場:本館7階ギャラリー
住所:山形県山形市上桜田3丁目4番5号
料金:無料
休館日:日曜日
お問い合わせ:入学広報課 023-627-2246

■展示作品例
美術科 洋画コース:写真コラージュ作品の展示
グラフィックデザイン学科:ポートレイト写真、ZINE(冊子)の展示
文化財保存修復学科:調査のためのX線写真の展示
歴史遺産学科:発掘出土品の写真の展示

■会期中のイベント「写真評論家によるギャラリートーク」
日時:2016年1月13日(水)18:30~20:00
ゲスト:タカザワケンジ
場所:東北芸術工科大学 本館7階ギャラリー

日時:2016年1月21日(木)17:10~18:30
ゲスト:飯沢耕太郎
場所:東北芸術工科大学 本館7階ギャラリー

カテゴリー