毎日を手仕事で彩る金工・漆芸・陶芸・テキスタイル学生による作品の展示

美術科工芸コース(金工・漆芸・陶芸)、テキスタイルコースの2年生31名が、1月19日(火)より悠創館にて「衣食住」展を開催します。工芸とテキスタイルの根本は、暮らしを豊かにするモノを作ることです。今回の展示では、この暮らしに直結した「衣食住」をテーマに2年間の制作をふり返ります。

会場では、同コースの学生たちが、1年生後期から各専攻に分かれ、初めての素材と向き合いながら制作した工芸作品を展示します。また、1月21日(木)には「公開講評会」を開催し、それぞれの専攻ごとの制作工程や課題内容など、分かりやすく解説を行います。この機会にぜひ足をお運びください。

 

「衣食住」展
会期:2016年1月19日(火)~26日(火)
時間:10:00~17:00
会場:悠創館
住所:山形市上桜田366
休館日:なし
入場料:無料
公開講評会:2016年1月21日(木)14:00~16:30

 

>昨年の様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2年生展ポスター.ai

 

カテゴリー