エマニュエル・ムホープロダクトデザイン学科准教授が「Any Tokyo 2015」「新宿クリエイターズフェスタ」で作品を発表

エマニュエル・ムホープロダクトデザイン学科准教授が、増上寺(東京都港区芝公園)で開催されたデザインイベント「Any Tokyo 2015」で、『1坪の100色』を発表。また「新宿クリエイターズフェスタ」で『100 colors no.6』(新宿野村ビル)、『100 colors no.7』(新宿三井ビル)を2箇所同時発表しました。

100 colors no.9
新作『1坪の100色』(増上寺)は、風になびく細く繊細な100色の下で寝転び、 自分だけの色の空間を楽しめる作品です。

 

100 colors no.6
『100 colors no.6』は、高層ビルのふもとに位置し、車や人通りの多い街道沿いで軽やかに揺れる細長い100色の布。この1色1色をオリジナル100色で染め上げています。道行く人の足を止め、空と重なり合う色を見上げながら休憩できる場となりました。

 

100 colors no.7 01

100 colors no.7 02
『100 colors no.7』(新宿三井ビル)は、大きな面の100色を各色1枚ずつ空間全体に配して色の道を作り上げました。入り込むと迷路のような空間が広がり、色に導かれ歩き回りながら、静かにたたずむ100色を感じることができます。出口では100色小物シリーズの第一弾 “100色のモビール” と出会うことができます。

 

関連ページ:http://goo.gl/Lx28Bc

カテゴリー