3.11以後の建築

水戸芸術館にて、展覧会「3.11以後の建築」が開催されています。ゲストキュレーターとして、コミュニティデザイン学科長山崎亮教授。出品作家として、建築・環境デザイン学科の竹内昌義教授と馬場正尊准教授が参加しています。東日本大震災によって、建築界にも大きな意識の変化をもたらしました。強度、エコロジーだけでなく、地域、人とのつながりなどのソフト面のアプローチも重要だと考え、建築家の新たな役割を再考する展示となっています。期間中ワークショップ、後援会なども行われます。詳細はwebでご確認ください。

 

3.11以後の建築
会期 :2015年11月7日(土)〜2016年1月31日(日)
時間:9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日※年末年始2015年12月27日(日)~2016年1月4日(月)ただし11月23日、1月11日(月・祝)は開館、11月24日、1月4日(月)は休館
入場料:一般800円、前売り・団体(20名以上)600円、中学生以下、65歳以上、障碍者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名無料
主催:公共財団法人水戸市芸術復興財団
後援:茨城県
協力:アサヒビール株式会社、社団法人茨城県建築士会、社団法人茨城県建築士事務所協会、一般社団法人茨城県建設業協会、水戸市建設業協同組合
web:http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=437

 

437_3rd_main

 

カテゴリー