フランス伝統菓子「ガレッド・デ・ロワ」作りを体験

小学生がフランス伝統菓子「ガレッド・デ・ロワ」つくるワークショップ。

小学生を対象にした「こども芸術の村」プロジェクトによるフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」制作ワークショップを開催いたします。フランスで1月の風物詩として町中に溢れるガレット・デ・ロワを、東北でも3月の震災の月に春を待つ風物詩として、こどもたちの記憶に残るお菓子として広めていきたいと考えています。

今回のワークショップは前半2015年10月31日(土)に「こども芸術の村」の村長である松井利夫(京都造形芸術大学教授、陶芸家)と共にガレット・デ・ロワのフェーブを作成し、後半2016年2月13日(土)に東北で著名な料理研究家の松阪信行氏(松坂学園クッキングスクール学園長)を招き、北限の茶として有名な「河北茶」を使った東北オリジナルのガレット・デ・ロワを作ります。

「こども芸術の村」プロジェクト
スイスに拠点を置く財団「日本の子供たち」の支援を受け、京都造形芸術大学と東北芸術工科大学が企画・運営を行う共同事業で、東北のこどもたちを対象とした芸術教育支援活動です
■概要
対  象:小学校3~6年生(募集人数:20名) ※前半と後半の両方に参加できる方
【前半】(陶制の人形)フェーブの制作
日時:2015年10月31日(土) 13時半~16時半(13時開場)
会場:SODA(仙台市太白区山田本町1-15 SODA) ※駐車場はありません
講師:松井利夫/陶芸家、京都造形芸術大学 教授

【後半】ガレット・デ・ロワの制作
日時:2016年2月13日(土) 14時~18時(13時半開場) ※出来上がり次第終了
会場:仙台市ガス局ガスサロン(宮城県仙台市青葉区中央2-10-24/電話:022-264-0220)
※2階コミュニティスクエア集合 ※駐車場はありません
講師:松坂信行/松坂学園クッキングスクール学園長、料理研究家

主催:「こども芸術の村」プロジェクト
協賛:FONDATION ENFANTS DU JAPON(財団「日本の子供たち」)
協力:仙台市ガス局・SODA

■お問合先
「こども芸術の村」プロジェクト事務局
〒990-9530 山形市上桜田三丁目4番5号 東北芸術工科大学 地域連携推進室内
TEL:023-627-2218/FAX:023-627-2081/MAIL:info@av4c.jp

galette_no2

PDF:ガレット・デ・ロワ前半フライヤー

 

カテゴリー