大学院生の泉川のはなさんが日本平和学会で研究報告

日本平和学会が主催する2015年度秋季研究集会(琉球大学)「平和と芸術」の分科会において、院生の泉川のはなさんが研究報告を行い、司会を「芸術平和学」 の授業を担当してきた田中勝(現在、京都造形芸術大学)准教授が司会を務めます。

 

◎学会概要
学会名:日本平和学会「2015年度秋季研究集会」
日程:2015年11月29日(日)11:30~13:30
会場:琉球大学(沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)

分科会:「平和と芸術」
テーマ:オキナワを表現する ―沖縄の課題と芸術―

>報告1:泉川のはな(東北芸術工科大学大学院)
「オキナワを眼差す視点の継承 ─アートにおけるオキナワの表現を考 える─」

>報告2:杉浦幹男((公財)沖縄県文化振興会 文化芸術推進課プログラムディレ クター)
「平和を表現することと文化芸術支援」

討論:佐藤壮広(清泉女子大学)
司会:田中勝(京都造形芸術大学)

 

非会員の方の研究大会の聴講も可能です。詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.psaj.org/研究大会-集会/

日本平和学会ホームページ
http://www.psaj.org/

カテゴリー