山形国際ドキュメンタリー映画祭 学生作品上映

アジア最大級の国際ドキュメンタリー映画祭として隔年開催されている「山形国際ドキュメンタリー映画祭2015」において、映像学科学生が授業課題として制作した作品「子どものころ戦争があった-大学生が聴く戦争体験-」が上映されます。
これは、現在の映像学科2年生61名が、2014年10月から当時1年生の授業課題「大学生が聴く戦争体験」(担当:前田哲 映像学科准教授)として取り組んだものです。現在の大学生世代が、戦争体験世代に対してどのようなイメージを持っているのか、何を聞いてみたいのかなどを考え、学生が二人一組となって体験者のもとに足を運んだり、大学にお招きするなどして取材・撮影・録音を行いました。
ぜひ会場でご覧ください。

映画祭ホームページ http://www.yidff.jp/2015/2015.html

山形国際ドキュメンタリー映画祭「子どものころ戦争があった-大学生が聴く戦争体験-」上映

上映プログラム名|「やまがたと戦後」
上映日時|2015年10月11日(日) 12:50-14:30
上映会場|山形美術館

15072201
15072202

カテゴリー