三瀬 夏之介 展「礫宝」

ギャラリー キドプレスが、10月9日から11月15日まで、美術科日本画コースの三瀬夏之介教授の個展「三瀬 夏之介展『礫宝』」を開催します。本展では、最新作の銅版画やドローイングなど「手の中に収まる小さな宝物」のような小さいサイズの平面作品を中心に展示構成しています。また、版画作品の上に緑青や胡粉などで鮮やかな手彩色が施されたシリーズ「rust works」も併せて発表します。伝統的な日本画の世界を意識しながらも、新しい素材の探求や表現方法の変化を模索し、進化を遂げていく三瀬夏之介教授の新作展をぜひご高覧ください。

 

三瀬 夏之介 展「礫宝」
会期:2015年10月9日(金)~11月15日(日)
時間:12:00〜19:00
休館日:月・火・祝祭日
会場:ギャラリー キドプレス (アーツ千代田3331-204)

オープニング・レセプション:2015年10月9日(金)

 

作家の言葉

自身の身体性と作品サイズには深い関係がある。身体を遥かに超えるサイズの絵を描くときは、世界は見渡せないほど広く複雑であるという感覚が反映しているし、両手に収まるほどの絵を描くときは、世界を優しく包み込み、愛でるように眺めたいという感覚が反映している。今回は「礫宝(れきほう)」と題し、手の中に収まる小さな宝物のような礫(つぶて)を散りばめてみたい。
三瀬 夏之介

 

お問合せ先

ギャラリー キドプレス
New address:
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda 204号
E-mail: printart@kidopress.com
Web::www.kidopress.com

 

2015_10mise_dm_image最終案 mise_dm_address最終案

 

カテゴリー