蚕の歴史アート展

福島を代表する異職種の三人がそれぞれの思いをもって福島の伝統“養蚕”を伝える三人展「蚕の歴史アート展」が10月7日(水)より福島市旧堀切邸十間蔵で開催されます。会場では、美術科テキスタイルコースの学生と横浜市立大学国際総合科学部でまちづくり専攻の学生が絹の着物でお迎えし、伝え手・聞き手となって福島の歴史を感じる空間を作り出します。本展は、福島を代表する建築家・Life Style 工房の安斎好太郎氏とフラワーアーティスト・Bloom芳賀敏泰氏と共にアートで表現します。この機会にぜひお越しください。

 

蚕の歴史アート展
会期:2015年10月7(水)~11日(日) 9:00~21:00 (学生によるご案内は10:00~18:00)
会場:福島市旧堀切邸 十間蔵(〒960-0201 福島市飯坂町字東滝ノ町16)
内容:福島の養蚕、真綿の歴史と伝統を体感できる展示など、お茶の提供
観覧費:無料

主催:
安斎好太郎(Life style工房)http://www.lifestylekoubou.com/
鈴木美佐子(工房おりをり)http://someori-kobo-oriwori.jimdo.com/
芳賀敏泰(Total Plants bloom)http://bloom2006.jp/
協力:福島市旧堀切邸(福島市観光開発株式会社)http://www.fckk.co.jp/kyu-horikiritei/
連絡先:工房おりをり 担当 島田綾子(oriwori1215@icloud.com)

カテゴリー