長井謙治専任講師が「第15回 縄文国際コンテンポラリー展 in ふなばし」でプレゼンテーション

歴史遺産学科の長井謙治 専任講師が「第15回 縄文国際コンテンポラリー展 in ふなばし」の8月30日(日)に行われるクロージングイベントで『縄文アート座談会』基調提案者として参加されます。本展示では、「縄文」文化の理解と普及を目的とし、国内外のアーティストが縄文文化や古代文化から受けたインスピレーションをアート作品やパフォーマンスで表現したり、大人から子どもまで参加できるワークショップなどを開催しています。「縄文アート座談会」では、長井講師が提案をした後、出品アーティスト・学芸員・研究者を囲んで、縄文やサハリン〜北米の文化・美術を語り合います。

 

第15回 縄文国際コンテンポラリー展 in ふなばし

日程:2015年7月19日(日)〜8月30日(日)
時間:9:00~17:00 ※最終日は15:00まで
休館:7月21日(火)と毎週月曜日
会場:船橋市飛ノ台史跡公園博物館
住所: 〒273-0021 千葉県船橋市 海神4丁目27−2
入場:(館内)一般100円・児童生徒50円(市内在住の小中学生は無料)/(史跡公園)無料
主催:船橋市飛ノ台史跡公園博物館・縄文コンテンポラリー展実行委員会
お問合せ:船橋市飛ノ台史跡公園博物館 事務局 TEL:047-495-1325
船橋市Web:http://www.city.funabashi.chiba.jp/shisetsu/bunka/0001/0006/0003/p000222.html

 

縄文アート座談会

日程:2015年8月30日(日)
時間:13:00〜15:00
会場:船橋市飛ノ台史跡公園博物館
入場:無料

 

 

20150827084149183-1

20150827084149183-2

カテゴリー