東北芸術工科大学

「キッズアートキャンプ2015」影絵芝居「ヘビワヘビワ~南相馬市小高区大悲山の大蛇伝より~」公演開催

2011年より、東北芸術工科大学のキャンパスに南相馬市のご家族を招き開催しているアート体験プログラム「キッズアートキャンプ山形」。5回目となる今夏は、影絵師の川村亘平斎さんを講師にお迎えし、南相馬市小高区に伝わる大蛇伝を子供たちと影絵芝居にします。 本公演『ヘビワヘビワ』では、同地区に千年前から語り継がれてきた昔話を、影絵づくりを通して子供たちに伝えていくとともに、大蛇を表したダイナミックな演舞や、さまざまな民族楽器による演奏を、原発事故で傷ついた自然や暮らしへの鎮魂として捧げます。 ぜひ会場まで足をお運びください。

 

影絵芝居「ヘビワヘビワ~南相馬市小高区大悲山の大蛇伝より~」

◎山形公演(キッズアートキャンプ山形2015の最終日、完成したての影絵を上演します。)
日程:2015年8月10日(月)
時間:開場 13:30 開演 14:00 終演 15:00
会場:東北芸術工科大学こども劇場(山形市上桜田3-4-5)
演者:川村亘平斎(影絵師/ガムラン奏者)、南相馬市民、東北芸術工科大学学生有志
演奏:GO ARAI(音楽家/バイオリン奏者/シタール奏者)
※入場・鑑賞無料

◎福島公演(福島市のイベント「未来の祀り∴ふくしま」にて奉納公演として再上演します。)
日程:2015年8月22日(土)
時間:開演 19:15 終演 20:15
会場:福島稲荷神社(福島市宮町1-29)※雨天時はNTT東日本福島支店大町ビル
演者:川村亘平斎(影絵師/ガムラン奏者)、東北芸術工科大学学生有志
演奏:GO ARAI(音楽家/バイオリン奏者/シタール奏者)

◎未来の祀り∴ふくしま
福島の詩人、和合亮一が発起人となり、震災後の福島から鎮魂と再生の新しい伝統文化、震災に屈せず故郷を守り抜いていく姿を世界に発信するというプロジェクト。最終日には鎮魂と再生の祈りを込めた全く新しい創作神楽「ふくしま未来神楽」を奉納する。
日程:2015年8月21日(金)~23日(日)

koheisai_photo
●川村亘平斎 かわむら・こうへいさい 影絵師/ガムラン奏者 http://taikuhjikang.com/kawamurakoheisai/

 

企画:宮本武典(キューレーター/東北芸術工科大学准教授)
主催:東北芸術工科大学東北復興支援機構(TRSO)
協力:南相馬こどものつばさ実行委員会、菅野清二、未来の祀りふくしま実行委員会、福興会議
協賛:株式会社三越伊勢丹、公益財団法人日本文化藝術財団

問合せ
東北芸術工科大学東北復興支援機構(TRSO)
〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
TEL:023-627-2218
FAX:023-627-2081
E-mail:museum@aga.tuad.ac.jp

フライヤーは、こちらからダウンロードできます。