プロダクトデザイン学科 酒井聡講師/研究発表・受賞

1|第62回日本デザイン学会春季研究発表大会にて研究発表

プロダクトデザイン学科の酒井聡講師が、国立研究開法人科学技術振興機構(JST)より助成を受け、研究代表者として2012年度より研究開発を行ってきた「動的に変化する物体形状に合わせた映像投射を実現するためのスクリーン面マーカー構造形成ならびに評価技術の確立」の課題について、下記の内容で学会発表を行いました。

第62回日本デザイン学会春季研究発表大会「デザインの幹」|http://design-cu.jp/jssd2015/
日時:2015年6月12日(金)〜 14日(日)
会場:千葉大学西千葉キャンパス
住所:〒263-0022 千葉県千葉市稲毛区弥生町1−33
主催:日本デザイン学会

「動的なスクリーン『Addressable Screen』の研究開発」
Research and development of dynamic screen system “Addressable Screen”

研究発表者|
酒井 聡 1) 青木孝文 2) 若生一広 3) 阿部晃一 4) 三瓶仁寛 5) 菅原道晴 6)
So SAKAI 1) Takafumi AOKI 2) Kazuhiro WAKO 3 ) Kouichi ABE 4) Masahiro SAMPEI 5) Michiharu SUGAWARA 6)
1)東北芸術工科大学 2)東北大学 3) 仙台高等専門学校 4)株式会社 小糸樹脂 5)株式会社 エキサイト 6)株式会社 レイティストシステム

抄録|
昨今、広告業やデザインの分野でプロジェクションマッピングが広く扱われるようになった。建築物や自動車、人などに映像投影を行うことで、新たな映像表現として注目を集めている。しかし、広く扱われるようになったプロジェクションマッピングの映像投影する条件として映像投影面は変形や移動などをしないことが前提となっている。 本研究開発では、動的に形状が変化する物体に対して歪みのない映像を投影可能なスクリーン(Addressable Screen)を開発することを目標としている。本稿では、研究開発の過程において制作・発表を行った映像投影作品 Addressable Screen「9パズル」「Magical Card」について報告する。

 

 

2|第78回 日本建築学会東北支部研究報告会で研究発表

プロダクトデザイン学科の酒井聡講師が、昨年度(2014年度)に宮城県仙台市長町にある「地底の森ミュージアム」から委託を受け、有志学生とともに行った冬のイベント「冬キラ☆今日の主役は氷河期の森『三原色の森』|http://www.sakaiso.com/?p=2095」について、下記の内容で学会発表を行いました。

第78回 日本建築学会東北支部研究報告会|http://news-sv.aij.or.jp/tohoku/sibuken-youkou78.html
日時:2015年6月20日(土)〜21日(日)
会場:山形大学小白川キャンパス地域教育文化学部1号館
住所:山形県山形市小白川町1-4-12
主催:日本建築学会東北支部

 

 

3|第62回日本デザイン学会春季研究発表大会にてグッドプレゼンテーション賞を受賞

プロダクトデザイン学科の酒井聡講師が、国立研究開法人科学技術振興機構(JST)より助成を受け、研究代表者として2012年度より研究開発を行ってきた「動的に変化する物体形状に合わせた映 像投射を実現するためのスクリーン面マーカー構造形成ならびに評価技術の確立」の課題について、下記の内容で学会発表を行いグッドプレゼンテーション賞を受賞しました。

第62回日本デザイン学会春季研究発表大会|http://design-cu.jp/jssd2015/?p=673
日時:2015年6月12日(金)〜14日(日)
会場:千葉大学西千葉キャンパス
住所:〒263-0022 千葉県千葉市稲毛区弥生町1−33
主催:日本デザイン学会

 

カテゴリー