「創業・成長促進プロフェッショナルスクール」を開設

地方創生の課題克服へ、東北芸術工科大学×トーマツベンチャーサポート
地方で“しごと”を創出する新たな成長企業を生み育てる環境整備人材を育成

地方創生の課題は、人口減少と東京一極集中の是正です。この課題を克服するためには、地方で魅力ある雇用を創出する必要があります。企業誘致に依存しても、企業がコストの安い場所を求め移転すれば、あとに残るのは失業問題だということを私たちは見てきました。そして、雇用が純増しているのは設立10年以内の企業のみというデータがあります。つまり、地方で“しごと”を創出する新たな成長企業を生み育て、その土地に根付かせ、ビジネスのエコシステム(生態系)をつくることが、地方の未来を切り拓きます。今、創業支援家に求められるのは、単に起業を支援するのではなく、創業期の成長ステージにあった支援ができる能力と成長性を見極める目利き能力です。
日本初の公設民営型大学として地域活性化を推進してきた東北芸術工科大学は、全国のベンチャー企業の成長を支援し、20の地方自治体の創業支援政策を支援するなど豊富なノウハウを持つトーマツベンチャーサポート株式会社(代表取締役社長 吉村孝郎/東京都千代田区)と共同で、成長企業を生み育てる支援家を育成し、地方に魅力ある“しごと”をつくり出すためのプログラム「創業・成長促進プロフェッショナルスクール、以下「本スクール」」を2015年11月に開設いたします。
本学は、国が掲げる「まち・ひと・しごとの創生」の課題に対し、「デザインの力」で具体的な解決策を提示していくことをテーマに、本年7月から一般社団法人公民連携事業機構(代表 清水義次/東京都品川区)と共同で、行政幹部・現場職員・地方議会議員およびそれらを目指す方々を主な対象とした戦略的都市経営プロフェッショナル育成プログラム「公民連携プロフェッショナルスクール(※1)」を展開いたします。今般、これに続く第2弾として、地方創生の“しごと”の創出という課題克服に向け専門社会人スクール「創業・成長促進プロフェッショナルスクール」を展開します。本学の学習インフラや学習サポート体制を基盤とし、トーマツベンチャーサポート株式会社がプログラムの組み立ておよび講師の選定を行います。

【創業・成長促進プロフェッショナルスクール 概要】
■開始時期 :2015年11月(予定)
■受講形態 :eラーニング+フィールドワーク・集合研修
■受講対象者:主に地方自治体・地方金融機関・中小企業支援関係者の方
■受講料   :30万円(税別)
■学習時間(予定) :eラーニング合計1,200分(前半9テーマ(約720分)/後半6テーマ(約480分))
フィールドワーク(2日間)、集合研修(3日間)  ※テーマ数は変更になる場合があります。
■受講期間 :2015年11月~2016年3月(予定)
eラーニング:指定期間内で個別学習、フィールドワーク:2016年1月の指定日時にて実施(会場未定)
集合研修:2016年3月の指定日時にて山形(東北芸術工科大学)にて実施予定
・eラーニングコンテンツは受講期間中ご覧いただけます。フィールドワークと集合研修については、2016年1月と3月の指定日時にて実施のため、スケジュールをご調整いただく必要があります。なお、一方のみの受講はお受けできません。
・eラーニングを受講いただくためのパソコン等機材や環境の準備、フィールドワーク・集合研修時の宿泊先・食事・移動交通費・個別の必要備品等はご自身にて対応をお願いいたします。本受講料には含まれておりません。
*本概要は2015年4月時点のものとなり、今後内容が変更となる場合があります。

■仮申込受付サイト
http://sogyo.blogspot.jp/

■本スクールの流れ(概要)
1、2015年11月~1月 基礎学習(eラーニング) 80分×9テーマ

2、2016年2月上旬   フィールドワーク 2日間

3、2016年2~3月    基礎学習(eラーニング) 80分×6テーマ

4、2016年3月上旬   集合研修 3日間

■本スクールの特色
1、全国2,000社のベンチャー企業支援ノウハウと圧倒的なIPO実績を誇るトーマツの知見を体系化
トーマツベンチャーサポートのベンチャー支援は、主に起業から株式公開準備までのステージのベンチャー企業に対しての成長支援にフォーカスしており、個別支援としてはベンチャー企業の事業拡大に向けた販路拡大支援およびPR支援に加えて、ベンチャーキャピタルや金融機関などからの資金調達支援、人材採用支援、海外進出支援などを行っているため、ステージごとに異なる支援ノウハウを包括的に学ぶことができます。

2、eラーニング+フィールドワーク・集合研修
全国の方々に学習機会をお届けしたいという想いから、基礎となる学習は「eラーニング」で実施致します。時間・場所の制約がなく、ご自身のペースで学習いただけます。また、eラーニングだけでは得ることのできない対話、交流、議論、共同作業という体験を重視し、現地で課題を洗い出し、解決の対象を選定するフィールドワークと、課題解決のためのビジネスを実際に生み出す体験を行う短期集中集合研修を実施。これらにより、「知識」「実用スキル」「人的ネットワーク」を拡大させます。

3、講師陣はすべてベンチャー支援の「実務者」
プロジェクトを実現に結びつけるには、専門的な知識に加えて「実行力」が極めて重要。 そのため、すべての講師をベンチャー支援の最前線で活躍する「実務者」で構成し、知識を得るだけでなく講師陣が成し遂げた各プロジェクトの背景も学びます。

4、スクール終了後は各地で実践へ
修了後は受講者OB・OG が連携しながら、各地域で産業育成を実践していくことを目指します。そのために、トーマツベンチャーサポートによる継続的な創業支援サポートなども計画しています。地方に成長企業が生まれ、育ち、新たな雇用が多数誕生することで地方経済に活力がわく、このことにこそ本スクールの価値があります。

※1 「公民連携プロフェッショナルスクール」について
公民連携最前線の情報をeラーニングと年2回集合研修(都内)で学ぶ。講師は全て先端的事例を率いる実務者(政治、行政、金融、事業など多様な組織に所属する人材)が担当。受講生が外部コンサル・シンクタンクに委ねることなく、都市経営戦略構築を自らの手で築き上げ、3年以内に改革が進行している状態を目指す。2015年7月開設予定。
公式webサイト http://ppp-ps.net

■お問合せ先
東北芸術工科大学 東京事務所 外苑キャンパス事務室企画課 担当:山川・孫谷
E-mail : t-office@aga.tuad.ac.jp T E L : 03-5412-6106

カテゴリー