『公民連携プロフェッショナルスクール』公式webサイトオープン

人口減少時代に地域を活性化する自治体の経営政策づくりを担う都市経営のプロフェッショナル育成のための社会人スクール『公民連携プロフェッショナルスクール(以下、「本スクール」)』の公式webサイト(以下、「本webサイト」)」を3月27日(金)からオープンいたします。
『公民連携プロフェッショナルスクール』webサイト URL : http://ppp-ps.net/

公民連携プロフェッショナルスクールとは
本スクールは、日本初の公設民営方式で開学した本学と、戦略的都市経営と公民連携事業で先駆的な取り組みを行ってきた 「一般社団法人公民連携事業機構」(代表 清水義次/東京都品川区)が行う社会人向け教育プログラムです。本スクールの目的は、全国1,800ほどの地方自治体にとって、知識を学び、実践していくことが有効な「公民連携(※1)」を通じて、公共の遊休資産、さらには民間の遊休資産を活用し、新たな産業・雇用を創出し、固定資産価値の上昇、税収の増加につなげ、今後の縮小社会における公共のあり方を変えていくことにあります。そのため、岩手県紫波郡紫波長の「オガールプロジェクト(※2)」や北九州市小倉都心部の「リノベーションまちづくり(※3)」といった公民連携事業の先進事例をモデルケースに、それらを実践した「公務員」「議員」「建築家」「事業家」らが講師となり指南するとともに、全国の方々が参加できるようeラーニングと短期集中型の実地研修を効果的に組み合わせ、知識・実用スキル・人的ネットワークの拡大を図ります。

本webサイトについて
・本スクールの詳しい内容を紹介するとともに、2014年9月に実施した開設記念シンポジウムの動画もご確認いただくことができます。
・受講申込は本サイトより受け付けます。また、本webサイトトップページにおいてはスクールに関連するイベント情報等を集約してご案内するとともに、本スクールの公式facebookページ(https://www.facebook.com/ppppschool)と連動し、スクール開始後の様子なども逐次配信してまいります。

15032701 15032702

2つの受講申込受付期間を用意
申込受付に際しては、修了後に各地で実際の活動につなげていくことを目指しているため、行政職に携わる方々の積極的な参加を望みたく、以下2つの期間を設けて実施させていただきます。

1.首長・議会議員・行政職員対象 先行申込受付
2015年3月24日(火) 12:00 ~ 2015年4月24日(金) 17:00
2.一般申込受付
2015年4月27日(月) 12:00 ~ 2015年5月25日(月) 17:00
いずれの申込につきましても、事前選考を実施します。事前選考は、申込フォーム内の設問回答を総合的評価し、厳正に選考いたします。

全国セミナー/説明会の開催(4月・5月)
首長・議会議員・行政職員を対象とした本スクールの「セミナー/説明会」を全国4エリアにて開催いたします。
詳細URL : http://ppp-ps.net/news/topics/133.html

1.関東会場(東京) 2015年4月10日(金) 19:00~21:00
会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
〒107-0061 東京都港区北青山1-7-15
2.東北会場(岩手)  2015年4月17日(金) 19:00~21:00
会場:オガールプラザ内 紫波町情報交流館 地域交流センター 大スタジオ
〒028-3318 岩手県紫波郡紫波町紫波中央駅前2-3-3
3.九州会場(福岡)  2015年4月22日(水) 19:00~21:00
会場:天神パークビル 3F会議室
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-8-18
4.関西会場(大阪)  2015年5月8日(金)19:00~21:00
会場:京都造形芸術大学 大阪サテライトキャンパス
〒530-0018 大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5F
参加費 : 無料 (事前申込制)

本スクール概要
・受講形態 : eラーニング+集合研修
・受講料   : 30万円(税別)
・学習時間 : eラーニング : 合計1200分(前半:7テーマ(20分×28点)、後半:8テーマ(20分×32点))
集合研修 : 合計1600分(3日間×2回)
・受講期間 : 2015年7月~2016年1月
eラーニングは指定期間内で個別学習、集合研修は10月と1月の指定日時に東京にて実施
※ eラーニングコンテンツは受講期間中ご覧いただけます。開校式・集合研修については、指定日時に、いずれも東京にて実施のため、スケジュールをご調整いただく必要があります。なお、eラーニングまたは集合研修一方のみの受講はお受けできません。
※ eラーニングを受講いただくためのパソコン等機材や環境の準備、ならびに集合研修時の宿泊先・食事・移動交通・個別の必要備品等に関わる費用はご自身にて対応をお願いいたします。本受講料には含まれません。
※ お申し込みが規定数に達しなかった場合には、開講を見送る場合があります。

本概要は2015年3月時点のものであり、今後内容が変更となる場合があります。

※1 「公民連携」について
行政と民間事業者が協働で住民サービスの向上、事業効率のアップ、地域経済の活性化などに取り組むこと。公共施設を基礎にして、商業施設で利益を得る、補助金を入れず金融を駆使することで適切規模化を図る、などの取り組み例がある。

※2 「オガールプロジェクト」について
岩手県紫波郡紫波町で長期間放置されていた町有地を活用し、公民連携方で官民の複合施設や運動施設、公共施設、宿泊施設などを整備するプロジェクト。中核施設の一つであるオガールプラザは2012年にオープンし、1年で図書館を含む情報交流館に30万人、同施設内に併設されている産直紫波マルシェには21万人が来訪。町役場新庁舎、分譲住宅オガールタウンなどの開発も動き出しており、複数連鎖型の開発が実行されている。一見すれば従来型の開発事業のように見受けられるが、これらの事業自体が従来の開発先行型のプロジェクトとはまったく異なり、公共と民間の垣根を超えた、公民連携事業という形式で「稼ぐ公共インフラ」をエリア全体で実現している。

※3 「リノベーションまちづくり」について
都心部の遊休不動産をリノベーションの手法を用いて再生することで、産業振興、雇用創出、コミュニティ再生、エリア価値の向上などを図る取り組み。北九州市小倉都心部のリノベーションまちづくりは、2010年度に策定された「小倉家守構想」に基づき、翌年度から小倉魚町を中心に官民が連携し、取り組みの核となるリノベーションスクールが7回開催され、13件の物件が再生し、これまでに300名を超える雇用が創出された。

<お問合せ先>
東北芸術工科大学 東京事務所 外苑キャンパス事務室企画課
E-mail : t-office@aga.tuad.ac.jp T E L : 03-5412-6106

カテゴリー