卒業生の長澤明子さんが展覧会のキュレーションを担当

1462 days  アートするジャーナリズム

プロダクトデザイン学科15期生の長澤明子さんが、河北新報の東京支社のオフィスを会場に開催する展覧会「1462days アートするジャーナリズム」のキュレーションを担当しました。本展は、銀座にある東北の地元紙河北新報の東京支社5階〜9階をまるごとギャラリーにして、東北で活動を続けるアーティストの作品と、河北新報の新聞記事を発表します。震災という現実に対峙した時、アートはどう表現し、ジャーナリズムはどう発信したか、深々と考えさせられる展覧会になっています。また本展には、美術科洋画コース卒業生の松山準さん、佐藤香さん、森田梢さんが出展しています。ぜひご覧ください。

 

会期:2015年3月10日(火)〜22日(日)
時間:13:00〜20:00 (土日 11:00〜20:00)
休館日:3月20日(金)・21日(土)
会場:河北新報 東京支社
住所:東京都中央区銀座8-6-25 河北ビル5F-9F
料金:無料
問合せ:03-3572-2133
WEB:http://www.1462days.com/

 

>メディア掲載

http://www.cinra.net/news/20150309-1462days

 

ccfa35_48b37a1903694f7fac56509f0514d004.png_srz_p_979_1324_75_22_0.50_1.20_0.00_png_srz

 

カテゴリー