「第24回あきた十文字映画祭」で映像学科学生の作品が上映

映像学科4年生の冨永太郎さん、早坂文さんの監督作品(卒業制作)が、2月13日(金)~15日(日)に横手市十文字文化センターで開催される「第24回あきた十文字映画祭」で上映されます。本祭は、映画のある町づくりを目指し、自主上映サークル「夜間飛行」のメンバーを中心に企画されました。1991年に発足し、現在まで最新の邦画、新人監督、アジア圏映画の3つの上映を柱とした映画祭です。2月15(日)には、本学学長であり、映像学科教授の根岸吉太郎監督もゲストで参加します。ぜひ足をお運びください。

 

第24回あきた十文字映画祭|学生作品上映概要

日程:2015年2月15日(日)
時間:10:00〜舞台挨拶、2作品上映/12:10〜トークイベント
web:http://www.akita-jcf.net/

 

4785dab5501f45b377377acfba7b19bc-600x337

「蝕みの花」 (PG12)  2014年/25分 監督・撮影・編集:早坂文 出演:佐藤花子

高校時代からの親友・佐藤花子は私・早坂文にとって理想の女の子だった。ある時、彼女を厭らしい目で見ていたことに気付いた私は、彼女に隠していた恋愛感情を打ち明ける。

 

 

201152010_TominagaTaro_100422-600x337

「ムーンライトハネムーン」(PG12) 2014年/80分/監督:冨永太郎/出演:関裕一郎、宍戸健太、長沼涼花、福田健人、菅原史哉、小野慎司、冨永香代子、冨永創造

大沼幸一、20歳、大学生。彼は誰が見ても冴えない男。しかし、実は彼には裏の顔が存在する。大沼幸一、20歳、詐欺師。今日も彼は女性のパンツを売りさばく。

カテゴリー