損保ジャパン日本興亜美術賞展に多数入選

大学院洋画領域修了生の藤原泰佑さんと美術科日本画コース卒業生の吉田一民さんと大学院修士課程芸術総合領域の藤本啓行さんが損保ジャパン日本興亜美術賞展に入選しました。損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された本展は、財団設立以来35年に及ぶ作家支援活動の理念を継承した、公募コンクール形式の第3回目の展覧会です。六次「入選審査」と二次「賞審査」を経て、国際的に通用する可能性を秘めた、入選作品70点(内受賞作品9点)を決定。受賞作品が展示される「face展」が2月21日(土)より損保ジャパン日本興亜美術館で開催されます。ぜひご覧ください。
 
 
 
展覧会名:face展 損保ジャパン日本興亜美術賞展
会期:2015年2月21日(土)〜3月29日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00〜18:00(入館は5:30まで)
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
住所:〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
料金:一般500円、大学・高校生300円、中学生以下無料
お問合せ:損保ジャパン日本興亜美術館TEL/03-5777-8600
WEB:http://www.sjnk-museum.org/
 
 
face
 
face2
 

カテゴリー