シンポジウム「高校を人材流出装置にしないためにできること」をコミュニティデザイン学科が開催

「高校が進学支援を頑張るほど、生徒は都会に出ていき、戻ってこなくなる」

高校のキャリア教育は、岐路に立たされています。
既存の進学・就職支援では、地元からの人材流出が続き、高校や地域が崩壊しかねない現状です。

東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科は、全国の高校教諭、教育委員会関係者、行政職員、社会教育関係者、地域づくりNPOなどを対象に、シンポジウム「高校を人材流出装置にしないためにできること」を2月21日(土)に開催いたします。

地方創生が叫ばれ、地方の生き残りの厳しさが現実味を帯びている今、教育ができることは何か。多くの子どもたちは、小中学校で「ふるさと教育」を受けていますが、高校になると地域との接点はなく、自分たちの故郷について知らないまま、進学や就職で都会へ出ていってしまう現状にあります。地元の魅力も課題も知らずに出ていく若者たちは、地元に戻る動機が希薄であり、このままいけば、地方から若者がいなくなり、高校そのものの存続も危ぶまれます。地域は若者との活動を欲しています。高校生も地域で学ぶことで成長します。「高校は地域に何ができるのか?」「地域は高校生に何ができるのか?」。すでに実践している高校教員を迎えて講演や話題提供をいただいた後、参加者同士が「高校は地域に、地域は高校に何ができるのか?」をテーマにワークショップを行い、行動計画を提案します。また、高校間のネットワークを形成し、継続的な取り組みにすることも視野に入れ今回のシンポジウムを開催します。

■概 要
日  時:2015年2月21日(土)13:30~17:30
会  場:東北芸術工科大学(山形市上桜田3-4-5)
参加対象:全国の高校教諭、教育委員会関係者、文科省、行政職員、社会教育関係者、地域づくりNPO

■内 容(予定)
基調講演:「地域再生×高校キャリア教育」 浦崎太郎氏(岐阜県立可児高等学校教諭)
話題提供
「探究科の取り組み」 眺野大輔氏(富士市教育委員会 富士市立高等学校教育推進室指導主事)
「中高生が地域活動に参加する意義」大脇正人氏(島根県立隠岐島前高校卒・早稲田大3年)
「高校生を受け入れる地域土壌のつくり方」岡崎エミ(東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科准教授)

ワークショップ:
「高校は地域に、地域は高校に何ができるのか?」
アイスブレイク、テーブルワークショップ、発表、講評、ふりかえり
(ファシリテーター:本学コミュニティデザイン学科1年生)

■申込・お問い合わせ
東北芸術工科大学高大連携室
TEL 0120-27-8160
FAX 0120-57-2154
Mail kodai@aga.tuad.ac.jp

SCHシンポチラシ(修正済)

カテゴリー