「東北画は可能か?」が十和田市現代美術館でのトークイベントに参加

チュートリアル「東北画は可能か?」のメンバーが、十和田市現代美術館で行われている展覧会「田中忠三郎が伝える精神 ~東北の民俗衣コレクションと現代美術~」のトークプログラムに参加します。「忠三郎と東北画」をテーマに、田中忠三郎氏との出会いから裂織作品の展開までをお話しします。ぜひお越し下さい。

 

トークプログラム「忠三郎と東北画」

日時:2015年1月11日(日)14:00〜15:30
定員:50名(事前申込優先)
料金:無料(要展覧会チケット)
三瀬夏之介(美術家、美術科日本画コース教授)× 藤浩志(十和田市現代美術館 館長)
渡辺綾(大学院日本画領域修了)/大野菜々子(日本画コース4年生)/鳥潟由子(テキスタイルコース4年生)
 
 
田中忠三郎が伝える精神 ~東北の民俗衣コレクションと現代美術~
会期:2014年11月1日(土)〜2015年2月15日(日)
会場:十和田市現代美術館ほか
時間:9:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
観覧料:企画展+常設展セット券1000円、企画展のみ600円、団体(20名以上)100円引き、高校生以下無料
主催:十和田市現代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
共催:青森放送株式会社
 
 
 
Chuzaburo_A41のコピー

Chuzaburo_A41のコピー

 

カテゴリー