京都造形芸術大学との大学院生による交流展を開催

本学と姉妹校である京都造形芸術大学の大学院生による交流展「MINGLE」を12月8日(月)〜13日(土)に銀座 井上画廊で開催します。ぜひご覧ください。

 

■ MINGLE
会期:2014年12月8日(月)〜13日(土)
時間:11:00〜19:00
会場:銀座 井上画廊

■ オープニングレセプション
日時:2014年12月8日(月)17:00〜19:00
会場:銀座 井上画廊

 

■ 開催によせて

縄文の地・山形と、弥生の地・京都で、それぞれの文化の空気を全身で味わいながら、絵画表現を培っている若いアーティスト達の競合、どんな出会いとコミュニケーションが生まれるだろうか。現代の美術表現は多種多様であるが、この、それぞれの古い長い歴史を踏まえつつ思考された作品群は、どれ程に現実を直視しているのか興味深い。東北芸術工科大学、京都造形芸術大学大学院生(絵画領域)の新しい出会いを期待している。

京都造形芸術大学 教授 木村克朗

 

東北の風土には、日本人が原風景として共感を覚えるものが多く潜むように思う。特に若い画学生達にとって、この土地が発する特有の息遣いのなかで、呼吸を合わせるように制作をするということには、特別な意味があるのかもしれない。東北の大地に育まれた彼らの作品がどのような言葉を紡ぎだすのか…。そして京都という異なる歴史と風土を持つ学生達とはどのような違いを見せるのか、ご高覧頂ければ幸いです。

東北芸術工科大学 教授 石井博康

 

141202mingle

141202mingle-2

 

カテゴリー